最新記事

中国

韓国を操る中国――「三不一限」の要求

2017年11月30日(木)13時30分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

王毅は「三不一限」を着実に実行せよと韓国に要求する際に、「言必信、行必果(言葉には必ず信用が伴わなければならないし、行動には必ず結果が伴わねばならない)」という中国の故事成句を用いて康京和を諭(さと)した。

対等の会話というより、習近平政権に入り外相を務めるようになった王毅の、あの居丈高な、「司令」に等しいような言いっぷりだ。

これに対して康京和はただ、中国の韓国に対する経済報復が文在寅訪中前に解決されていることを願うことしか言わなかったそうだ。

韓国としては、北朝鮮がいつまた暴走するか分からない中、平昌オリンピック開幕式に習近平国家主席に出席してほしいという切なる願いもあり、それがこの、卑屈なまでにひれ伏す姿勢を招いている。習近平がいれば、まるで守護神のように北がミサイルを発射してこないだろうと思っているかもしれないが、金正恩委員長は何度、習近平が主催した大きな国際会議の初日にミサイルを発射して習近平の顔に泥を塗ってきたことか。習近平がいるとかえって逆に北は暴発する可能性があるが、韓国はそのことを考えていないのだろうか。

日本に対する影響

日本にとって看過できないのは、韓国がいったい、アメリカと中国のどちらを向くつもりなのか、どちら側に付くつもりなのか、という問題だ。

米韓軍事同盟があるので、韓国は安全保障的にはアメリカと組まざるを得ないだろうが、文在寅は何度も「韓国の承諾なしに、アメリカが北朝鮮に対して軍事行動に出ることは許さない」と言っており、また「日米韓安全保障協力が軍事同盟に発展することは絶対にない!」と叫んできている。

韓国はアメリカとは離れられないとしても、日本とは(軍事、安全保障上は)接近しないつもりでいることが窺われる。

一方、中国は、北朝鮮問題を「米中2大巨頭」で解決したいと思っている。北朝鮮がやがて何らかの形で崩壊した時に備えるために、中国は、何としても(新たに誕生するかもしれない)北朝鮮という緩衝地帯を自国の配下に置きたい。そのためにはアメリカと連携を密にして、米中で北朝鮮問題を解決するというのが理想的なやり方になる。

ところが厄介なことに、このアメリカと日本が日米安全保障で固く結ばれているので、アメリカとの連携を緊密にすれば、自ずと日本がくっついてくることになる。

中国にとっては、軍事的あるいは安全保障上、「この日本」が邪魔なのである。

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 7

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 8

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 9

    「日本越え」韓国経済の落とし穴

  • 10

    韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 4

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 5

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 6

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 7

    これが米大企業のほとんどを所有し牛耳るビッグ・ス…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月