最新記事

動物

「骨タイプのおやつ」で死亡する犬が急増 米政府機関が警告

2017年11月29日(水)17時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

写真はイメージです。 Chalabala-iStock.

<あなたの与えたおやつが、愛するペットの命を奪うかもしれない>

米食品医薬品局(FDA)は先ごろ、犬用おやつが起因する死亡例を確認し、特定のおやつが致命傷を負わせる可能性を指摘した。

そのおやつとは「骨」タイプのもの。犬が喜んで噛り付くイメージのあるおやつだが、FDAによると2016年に15匹の犬が、骨を加工したおやつや表面を骨でコーティングしたおやつを食べて死亡した。このほか約70匹が病気になったという。2015年には8匹だった死亡数はほぼ2倍に増えた。

報告によると、「骨」タイプのおやつを食べた犬は、嘔吐、窒息、さらに胃で消化不良を起こした。犬はよく噛んでいるように見えても、実際は破片になった骨を消化しきれていないそうだ。おやつに生えるカビも問題という。

FDAは特定の銘柄を公表していないが、本誌米国版ウェブは犬の健康にダメージを与える製品に「ハムボーン」、「豚の大腿骨」、「ろっ骨」、「スモーキーナックルボーン」と呼ばれるものを挙げている。防腐剤や調味料、燻製といった加工が施された製品を指す。

ちなみにこれらのおやつが過去にリコール対象になったことはない。

ホリデーシーズンは危険がいっぱい!?

「骨」タイプのおやつ自体にも問題はありそうだが、そもそも「人々がペットのおやつに注意していないこと」が良くない。

ジャーキータイプのおやつがいい例だ。FDAによれば2015年に1000匹以上の犬が死亡し、6000匹以上が摂取後に病気になったという。当時FDAは、病気の原因を中国から持ち込まれたものだとしながらも、「飼い主は、ペット用おやつのメーカーが自社製品に使用した原料の原産国記載を義務付けられていないことを認識しておくべき」と飼い主に注意を促していた。

おやつではないが、猫もおもちゃの誤飲で命を落とす可能性がある。ティンセル(細いビニール製のカラフルな糸)とリボンは特に危ない。素材のビニールは猫の胃にダメージを与える。クリスマスシーズンに目にする機会の増えるポインセチアは猫に毒性があることで知られている。

12月の連休を控えFDAは、大切なペットを守るためのアドバイスを送っている。それは、「すべての鶏肉と七面鳥の骨に注意を払うこと」。鶏の骨は脆く簡単に砕けて犬の健康障害を引き起こすため、食卓、カウンター、ごみ箱に放置するのは避けるよう呼びかけている。

ペットに「安全」をプレゼントする方法をもうひとつ。FDAは、獣医師に相談して自分のペットに合ったおもちゃやおやつを見つけることを勧めている。

目の前に迫った年末シーズン、大切な家族の一員の健康についてゆっくりと考えてみてはいかがだろうか。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。

ご登録(無料)はこちらから=>>

関連ワード

ニュース速報

ワールド

インド、コロナ死者が過去最多 多くの地域で都市封鎖

ビジネス

MUFGなど、シティのアジア個人金融の部分買収提案

ワールド

大阪府、緊急事態宣言の要請を正式決定 兵庫も最終調

ワールド

英首相、新たな排出削減目標発表へ 気候変動サミット

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 3

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚くべき生態明らかに

  • 4

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 5

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    菅首相が「国際公約」にしてしまった東京五輪の現実…

  • 8

    ワクチン接種後はマスクなしでOK?──米CDCが指針を発表

  • 9

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイー…

  • 10

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 3

    青色の天然着色料が発見される

  • 4

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 5

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

  • 6

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 7

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 8

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 9

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 10

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月