最新記事

日本社会

「英語でなくていいんだ!」やさしい日本語でやさしいおもてなし

2017年8月23日(水)15時00分
アルモーメン・アブドーラ(東海大学・国際教育センター准教授)

左が外国人観光客が着けるバッジ、右が日本の案内役が着けるバッジ 写真提供:やさしい日本語ツーリズム研究会

<外国人に対しては「英語で話さなくちゃ!」と構えてしまい、うまくコミュニケーションが取れない日本人が多いようだが、「やさしい日本語」で話しかけてみるというやり方もある>

「やさしい日本語で話してくれてありがとう」と話すのは、箱根を歩いていた数人の外国人留学生の1人。胸には「やさしい日本語、お願いします」というメッセージの見なれないバッジを付けている。

胸のバッジに気付くと、お店の人をはじめ周りの人はゆっくり言ったり、身振り手振りを加えたり、コミュニケーションの工夫をしてくれたという。"やさしい日本語"で話しかけられた留学生の顔にも、一生懸命自分の伝えたいことが伝えられたという一種の爽快感、達成感が感じられた。

バッジを作ったのは、「やさしい日本語」という日本人と外国人が気持ちを通わせる新たなコミュニケーション方法を提案している「日本語ツーリズム研究会」。

8月初め、研究会代表でもある加藤好崇・東海大学教授の指導の下、東海大学の留学生に"やさしい日本語バッジ"を着用して箱根観光をしてもらい、日本人との会話にどんな変化が起こるかを調査した。留学生が立ち寄った店の人は「英語でなくていいのだと思った。こんなバッジがあると接客で助かる」と話す。

加藤教授は実験の観察結果について、こうコメントしている。「アラブ系、ヨーロッパ系、アジア系、東南アジア系の4つのグループの留学生に、バッジをつけて観光地を回ってもらった。かなり目にとまるようで、お店の人はやさしい日本語を使って話をしてくれた。やはり日本語を使うことで心理的な壁は低くなることは間違いないだろうし、バッジがコミュニケーション促進に役に立つことも分かった」

1995年の阪神・淡路大震災をきっかけに、日本語も英語も十分に理解できず必要な情報を受け取ることのできない地域の外国人への情報提供手段として考え出されたのが「やさしい日本語」だった。東京都のホームページによれば、その後も災害時と平時の両面で外国人への「分かりやすい」情報発信の手段として研究が重ねられ、ニュースや行政サービス、生活情報など、全国的にさまざまな分野で取り組みが広がっている。

【参考記事】「共謀罪法」がイスラモフォビアを生まないか

日本人は英語コミュニケーションにこだわるが

1980年代には、"国際化"という言葉が日本社会のキーワードのように盛んに使われた。この時期を境に日本と海外の人の動きが活発となり、日本に入ってくる外国人も、海外へ出かける日本人も増加を続けてきた。現在では、日本に定住する外国人は230万人以上(2016年法務省統計)で、旅行目的で来る外国人の数は約2400万人に上る(2016年政府観光局推定)。その80%以上がアジア諸国からの旅行者だ。

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、OPEC批判 人為的に高い原油「

ビジネス

武田薬、シャイアー買収提案引き上げ正式発表 1株4

ビジネス

GE、第1四半期調整後利益は予想上回る 株価6.8

ビジネス

武田薬、シャイアー買収提案価格引き上げの公算 1株

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 2

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 3

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知っているので最悪の事態にはならない

  • 4

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 5

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    地球外生命体との「未知との遭遇」は中国のほうが先?

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 6

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月