最新記事

映画

極上ホラー『ウィッチ』は「アメリカの原罪」を問う

2017年7月28日(金)10時00分
デービッド・アーリック

magc170728-witch02.jpg

ウィリアムの一家を次々と不幸が襲う ©2015 WITCH MOVIE,LLC.ALL RIGHT RESERVED.

エガースは『2001年宇宙の旅』で知られるスタンリー・キューブリック監督の苛烈なまでの厳格さと、17世紀末の「セーレム魔女裁判」を題材にしたアーサー・ミラーの戯曲『るつぼ』(1953年)の熱狂的妄想を組み合わせてみせた。セーレム以前の宗教的ヒステリーを冷徹な様式美をもって演出しており、あらゆるシーンが観客の心を捉えて離さない。

ただし、物語の奇抜なテーマに大真面目で取り組むスタイルは、ばかげた自己満足と受け取られかねない。それを避けられたのは、同じ姿勢を俳優陣も共有していたからだ。

アイネソンとディッキーの大胆不敵な演技は、観客の恐怖に火を付ける。「あのヤギと不浄な関係を結んだのか?」といったセリフは、文字にすると間が抜けて見えるが、映画の中では辛辣な笑いと恐れを生み出す。

とはいえ、この作品を支配しているのはやはりテイラージョイだ。少女トマシンの成熟しかけた体は、家の外の森に匹敵する「大いなる邪悪の源泉」として描かれる。

少女はブラウスの胸元に弟が投げ掛ける生々しい視線を無視するが、それでも森の中に魔女がいるように自分の体内に悪魔が潜んでいる感覚を覚える。トマシンの体の発達は控えめに描かれるが、少女の性は一貫して原罪の象徴的表現だ。

トマシンは男の視線によってゆがめられた自分に気付き、そこからの脱出を図る。女性は自身の体への恐れを抱くことで、自分の力に目覚める――『ウィッチ』はそう示唆しているのかもしれない。

【参考記事】理想も希望も未来もなくひたすら怖いSFホラー『ライフ』

魔術を題材にした恐怖と迫害の寓話は、昔から大量に作られてきた。だが、エガースのデビュー作は紛れもなく21世紀の産物だ。この映画はあらゆるタイプの原理主義に冷笑を浴びせるだけではない。かつては無力な犠牲者扱いだった女性という存在に自己決定権と権威を与え、自分の力を当たり前と思っていた男たちの立場を覆す。

映画の終盤に向かう場面で、ある者がトマシンに尋ねる。「愉快に生きたいと思わないか?」。自分のための楽しみを一切許されなかった少女には、とりわけ魅力的な誘惑だ。

『ウィッチ』は邪悪な闇をどこまでも深く掘り下げ続け、ついに向こう側の世界に突き抜ける。目もくらむような最後の15分間の舞台は、ほとんどのホラー映画が存在すら知らなかった歓喜の地だ。

ここまで徹底して心の闇を見つめたホラー映画は数えるほどしかない。そこに大いなる喜びを発見した作品はさらに貴重だ。

ニューズウィーク日本版2017年7月25日発売号掲載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

© 2017, Slate

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏小売売上高、5月は前月比+17.8% 都市

ワールド

イベント制限緩和で了承、緊急事態時と「状況異なる」

ビジネス

JAL、7月にシンガポール線など国際線の一部復便 

ワールド

台湾外交部、ダライ・ラマ14世の訪問実現なら歓迎の

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

  • 5

    韓国、Netflix急成長にタダ乗り議論で法改正 政府は…

  • 6

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 7

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3…

  • 10

    「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月