最新記事

映画

極上ホラー『ウィッチ』は「アメリカの原罪」を問う

2017年7月28日(金)10時00分
デービッド・アーリック

magc170728-witch02.jpg

ウィリアムの一家を次々と不幸が襲う ©2015 WITCH MOVIE,LLC.ALL RIGHT RESERVED.

エガースは『2001年宇宙の旅』で知られるスタンリー・キューブリック監督の苛烈なまでの厳格さと、17世紀末の「セーレム魔女裁判」を題材にしたアーサー・ミラーの戯曲『るつぼ』(1953年)の熱狂的妄想を組み合わせてみせた。セーレム以前の宗教的ヒステリーを冷徹な様式美をもって演出しており、あらゆるシーンが観客の心を捉えて離さない。

ただし、物語の奇抜なテーマに大真面目で取り組むスタイルは、ばかげた自己満足と受け取られかねない。それを避けられたのは、同じ姿勢を俳優陣も共有していたからだ。

アイネソンとディッキーの大胆不敵な演技は、観客の恐怖に火を付ける。「あのヤギと不浄な関係を結んだのか?」といったセリフは、文字にすると間が抜けて見えるが、映画の中では辛辣な笑いと恐れを生み出す。

とはいえ、この作品を支配しているのはやはりテイラージョイだ。少女トマシンの成熟しかけた体は、家の外の森に匹敵する「大いなる邪悪の源泉」として描かれる。

少女はブラウスの胸元に弟が投げ掛ける生々しい視線を無視するが、それでも森の中に魔女がいるように自分の体内に悪魔が潜んでいる感覚を覚える。トマシンの体の発達は控えめに描かれるが、少女の性は一貫して原罪の象徴的表現だ。

トマシンは男の視線によってゆがめられた自分に気付き、そこからの脱出を図る。女性は自身の体への恐れを抱くことで、自分の力に目覚める――『ウィッチ』はそう示唆しているのかもしれない。

【参考記事】理想も希望も未来もなくひたすら怖いSFホラー『ライフ』

魔術を題材にした恐怖と迫害の寓話は、昔から大量に作られてきた。だが、エガースのデビュー作は紛れもなく21世紀の産物だ。この映画はあらゆるタイプの原理主義に冷笑を浴びせるだけではない。かつては無力な犠牲者扱いだった女性という存在に自己決定権と権威を与え、自分の力を当たり前と思っていた男たちの立場を覆す。

映画の終盤に向かう場面で、ある者がトマシンに尋ねる。「愉快に生きたいと思わないか?」。自分のための楽しみを一切許されなかった少女には、とりわけ魅力的な誘惑だ。

『ウィッチ』は邪悪な闇をどこまでも深く掘り下げ続け、ついに向こう側の世界に突き抜ける。目もくらむような最後の15分間の舞台は、ほとんどのホラー映画が存在すら知らなかった歓喜の地だ。

ここまで徹底して心の闇を見つめたホラー映画は数えるほどしかない。そこに大いなる喜びを発見した作品はさらに貴重だ。

ニューズウィーク日本版2017年7月25日発売号掲載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

© 2017, Slate

ニュース速報

ワールド

新型肺炎、中国の死者132人に増加 感染者5974

ビジネス

正午のドルは109円前半、株高でも円安は限定的

ビジネス

前場の日経平均は反発、米国株高と円安を好感 上値は

ワールド

豪政府、中国・湖北省から一部自国民退避へ 孤島で検

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪誘致

  • 2

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 3

    中国が新型コロナウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身…

  • 5

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 6

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 7

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 8

    新型コロナウイルス、感染状況まとめ

  • 9

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 10

    日本製品の次は中国人観光客ボイコット? 韓国、中国…

  • 1

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 2

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 3

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 4

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 5

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

  • 8

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 6

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 7

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 8

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月