最新記事

海外ノンフィクションの世界

海の水は宇宙からやって来た? 私たちはまだ海を知らない

2017年7月12日(水)16時51分
千葉啓恵 ※編集・企画:トランネット

オニイトマキエイ(『海のミュージアム――地球最大の生態系を探る』より) ©Getty Images

<科学エッセイと一流の写真家による105点の写真が収められた『海のミュージアム――地球最大の生態系を探る』。想像もつかなかった世界が、未だにこの地球に存在することを実感させられる>

私たちは、生命の誕生をもたらした海に対して、何らかの思いやイメージを抱いている。だが実際には、海について何をどれくらい知っているだろうか?

例えば、海の水はどこから来たのか、生命の誕生は――。

海の起源については、主に2つの理論がある。1つは、地球が冷えるにつれて水が出現したというもの。こちらのほうが広く支持されている。もう1つの有力な説は、水は別の場所からやって来たというものだ。彗星などの他の天体(巨大な氷の塊のようなもの)が地球に衝突し、地表で溶けたとする説である。

生命の誕生については、カンブリア爆発という言葉を聞いたことがあるかもしれない。約5億4000万年前に起こった急激な変化で、これにより初期の単純な単細胞生物と多細胞生物がみるみる枝分かれし、多くの新種が出現した。

だが、このカンブリア爆発についても、生物がこの時になぜ、どのようにして、豊かな多様性を発展させたかというと、単純な答えはない。さまざまな理論が次々に現れては否定されてきた。

こういった疑問の答えを求めて、40億年の歴史を一気に俯瞰する――しかも、美しい海の写真と共に――と、生命のスケールは想像を絶するほど長く、人類の歴史などほんの一瞬に過ぎないことがよく分かる。『海のミュージアム――地球最大の生態系を探る』(ルイス・ブラックウェル著、筆者訳、創元社)は、科学エッセイと一流の写真家による数々の写真によって、読者を「始まりも終わりもない海への旅」へと誘う。

流れる溶岩の写真は地球の誕生を、春のビスケー湾の衛星写真は生物が地球に住めるようになった理由の1つである植物プランクトンの大増殖を彷彿させるだろう。

本書には、海が育んだ生物たちも続々と登場し、生態系における彼らの役割が語られる。浅い場所で死んだ生物は、マリンスノーとして深海に降り注いでそこに住む生物たちの食物となる。グレート・バリア・リーフでは、サンゴ礁が驚くほど多様な生物を支えている。また、大洋のほとんどを占める深海の世界と、その探査についても紹介する。

人類が好き勝手に振る舞える時間は終わった

一方、人類は海岸で海の幸を漁る生活を続けるうちに船を作ることを覚え、海を航路として利用するようになった。交易が盛んになれば、海洋国家が誕生する。このように人類はさまざまな形で海を利用してきたし、今でも海からエネルギーを得る方法などが追求されている。

ただ、最近は海から得られる資源にも限りがあることがわかってきた。人類が好き勝手に振る舞える時間は終わり、持続可能な方法で海を利用し、共生していく方法を探るべき時が来ている。

海と人間との関係は、物的世界だけでなく芸術の世界にもおよぶ。芸術家にとって、海はいつの時代も思いを巡らす魅力的な場所であり、ホメロスの叙事詩『オデュッセイア』や葛飾北斎の木版画「神奈川沖浪裏」など、数々の芸術や音楽、文学での創作活動を刺激してきた。

現在の地質時代は、人類がすべての生物に影響をおよぼす「人新世」と呼ばれており、海に対する影響も計り知れないほど大きいものになっている。プラスチックや廃棄物などの汚染物が還流に巻き込まれた「太平洋ゴミベルト」のように、どの政府も管理していない、誰も関わりたがらない問題もある。

本書では、海と私たち自身の未来を守るため、状況を改善し軌道を修正する方策についても考察している。

【参考記事】「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホーキング博士

ニュース速報

ワールド

安倍前首相が靖国参拝、「退任を報告」とツイッターに

ワールド

アングル:豪州ビザ無効の中国人研究者、「絵文字で有

ワールド

焦点:湾岸2カ国とイスラエルの国交正常化、サウジも

ワールド

アングル:燃料需要、学校再開で増加 公共交通機関は

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 4

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 5

    ペンスの元部下が怒りの内部告発「トランプはアメリ…

  • 6

    2万年以上前のホラアナグマ、ほぼ完全な状態で発見さ…

  • 7

    ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

  • 8

    トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

  • 9

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 10

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 1

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 5

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 6

    仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「…

  • 7

    【動画】海辺を歩く2頭のライオンに視聴950万回

  • 8

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 9

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 10

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 1

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 4

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 5

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月