最新記事

宇宙と深海

世界初となる民間の宇宙飛行士訓練センターが英国で誕生へ

2017年7月6日(木)17時05分
松岡由希子

Dive into the Blue Abyss-Vimeo

<イギリスで世界初となる民間の宇宙飛行士訓練センターの建設がはじまった。イングランド東部ベッドフォード州に建設される「ブルー・アビス」は、宇宙と深海に特化した研究開発施設および訓練センターだ>

一般の人々でも宇宙に行ける時代が、いよいよ到来しようとしている。米国の宇宙開発企業『スペースX』では、2018年に民間人2名を自社の有人飛行船『クルー・ドラゴン』に乗せて月を往復する計画を明らかにし、世界中から注目を集めている。

人間が宇宙空間で安全に生活するためには様々な訓練が必要だ。従来、宇宙飛行士訓練が受けられる専門施設は、米国のジョンソン宇宙センターやロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センターなど、国家の宇宙機関が運営するものに限られていたが、ようやく、英国で、世界初となる民間の宇宙飛行士訓練センターの建設がはじまった。
【参考記事】重さ64グラム!世界最小かつ最軽量の人工衛星をインドの青年が開発

宇宙と深海に特化した研究開発施設と訓練センター

1億2,000万ポンド(約175億円)を投じ、イングランド東部ベッドフォード州英国空軍跡地に建設される「ブルー・アビス」は、宇宙と深海に特化した研究開発施設および訓練センターだ。水深50メートルの巨大プールのほか、微小重力環境や高G環境をはじめとする宇宙飛行のための訓練設備、宇宙飛行士やトップアスリート向けのパフォーマンス開発施設を設置。会議ホールやトレーニングルーム、全120室の宿泊施設も合わせて建設される計画で、2019年の開業を目指している。

Expand your horizons. Dive into the future. With Blue Abyss.


「ブルー・アビス」は、極限環境下での研究開発を実践できる総合的な施設として、今後需要の増加が見込まれる有人宇宙飛行から、海洋での石油・天然ガスの生産活動まで、幅広い分野にわたって様々な活動をサポートしようとしている点が特徴だ。

とりわけ、世界最大級を誇るプールは、ダイバーや海洋探検家のための訓練の場だけでなく、海底や宇宙空間で使用するロボットや機材のテストの場としても利用されることを想定している。

Dive into the Blue Abyss (Marine and Space Research Facility)

英国政府は、世界の宇宙産業におけるシェア拡大を目標

英国政府は、世界の宇宙産業におけるシェアを2009年時点の6%から2030年までに10%まで拡大させることを目標に掲げ、2017年6月には、英国の宇宙産業の成長を推進する『宇宙産業法案』を議会の上院に提出している。英国政府のこのような動きをふまえ、「ブルー・アビス」では、英国内外の研究機関や一流企業とも積極的に連携し、英国の宇宙産業のさらなる発展にも寄与していきたい方針だ。

ニュース速報

ワールド

米朝対話、北朝鮮の非核化につながることが必要=ホワ

ビジネス

米政権が北朝鮮に大規模制裁、海運会社など対象 「第

ビジネス

1月の中国新築住宅価格、前月比+0.3% 1級都市

ビジネス

パウエルFRB議長の議会証言に注目=今週の米株市場

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 7

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 8

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊 トランプ

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月