最新記事

ハッカー

フランス大統領選にロシアが干渉か 米情報当局が明かす

2017年5月10日(水)12時19分

5月9日、フランス大統領選で、ロシア政府と関係があるとみられるハッカー集団が中道系独立候補のマクロン氏の形勢を悪くするため同氏の陣営を攻撃し、電子メールやその他のデータを流出させたことが、米情報当局者2人の話で明らかになった。写真は上院軍事委員会の公聴会で証言する国家安全保障局(NSA)のロジャーズ局長(2017年 ロイター/Aaron Bernstein)

フランス大統領選で、ロシア政府と関係があるとみられるハッカー集団が中道系独立候補のマクロン氏の形勢を悪くするため同氏の陣営を攻撃し、電子メールやその他のデータを流出させたことが、米情報当局者2人の話で明らかになった。

この問題を巡っては、国家安全保障局(NSA)のロジャーズ局長は9日に開かれた上院軍事委員会の公聴会で電子メール流出のかなり前から「ロシアの活動に気付いた」と証言。「われわれは(フランス側に)注意喚起した」と述べた。

電子メールは7日の大統領選決選投票の2日前に流出。親欧州連合(EU)派のマクロン氏は決選投票で反EU派の極右政党・国民戦線(FN)のルペン候補を大差で破り、当選を決めている。

前出の米情報当局者や米国の調査に詳しい別の関係者4人は、ロシア政府が国内情報機関にハッキングを指示した、あるいはロシア情報機関がハッキングを主導したことを示す決定的な証拠は見つかっていないと認めた。

そのうちの1人はハッキングを行った組織は「ロシア情報機関と関係があることが知られている」と述べた。

ロシア政府はフランス大統領選に干渉した疑惑について繰り返し否定している。

米関係者のうち2人と欧州当局者1人は、ロシアが少なくとも2月以降、マクロン陣営を標的にしたことを示す明確な証拠があると述べた。

米セキュリティー会社のフラッシュポイントは前週末に、マクロン陣営のデータ流出に「APT28」や「ファンシーベア」として知られるハッカー集団が関与した可能性を指摘。同集団は、ロシア軍の情報機関、参謀本部情報総局(GRU)に関係があると情報当局者らは結論付けている。

米関係者2人によると、ロシア人ハッカー集団などはルペン氏を有利にするための取り組みを、選挙戦の終盤にかけて加速させたという。

そのうち1人は「ルペン氏とマクロン氏が決選投票に進んでからは、ルペン氏が勝利するようあらゆることを実施した。それにはハッキングや(ロシア国営メディア)RTとスプートニクのフランス語放送を通じたプロパガンダや偽ニュースの拡散を含む」と述べた。

別の当局者らによると、流出したとされるマクロン陣営のデータには私用メールとみられるものや海外の銀行口座の記録が含まれていた。マクロン氏は銀行口座の記録は偽造されたと主張している。

[ワシントン 9日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!

 ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

アングル:イタリア総選挙、甘い公約に潜む「債務の時

ビジネス

アングル:米株の波乱「まだ終わらない」、古参投資家

ビジネス

アングル:米株市場、長期金利への反応に変化 一部に

ワールド

焦点:足元の原油安、底打ちはいつか

MAGAZINE

特集:AI 新局面

2018-2・20号(2/14発売)

仕事を奪うとばかり恐れられてきた人工知能AIが新たにつくり出す可能性と、それでも残る脅威

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ウイグル「絶望」収容所──中国共産党のウイグル人大量収監が始まった

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 5

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 6

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 7

    フロリダ州銃乱射、悪いのは銃かメンタルか

  • 8

    北朝鮮の飢きんが生んだ「人造肉」 闇市と人民の工…

  • 9

    宇宙に打ち上げられたイーロン・マスクのテスラが地…

  • 10

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 6

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 7

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 8

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 9

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 10

    日本で中小企業が激減している根本的な理由は何か?

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月