最新記事

米軍事

米軍がシリアにミサイル攻撃、化学兵器「使用」への対抗措置

2017年4月7日(金)14時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

米海軍駆逐艦からシリアに向けて発射される巡航ミサイル Robert S. Price/Courtesy U.S. Navy/REUTERS

<アサド政権が化学兵器を使用したと判断したアメリカがシリアの空軍施設をミサイル攻撃した。アサド政権を支援するロシア、イランとの緊張が予想される>

米軍は6日夜、シリア・アサド政権の空軍基地を、約50発の巡航ミサイルで攻撃した。6年前にシリア内戦が始まって以来、米軍が直接アサド政権の軍事施設を攻撃するのはこれが初めて。

米軍当局者の話として、ワシントン・ポストなどアメリカの複数の報道機関が現地時間6日夜に一斉に報じた。

ミサイル攻撃は、今週アサド政権が反体制派の拠点であるイドリブ県で空爆を行い、化学兵器を使用して多数の住民を殺害したと見られることへの対抗措置。ただ今回の攻撃によってアメリカは、アサド政権を支持するロシアやイランと直接に衝突するリスクを負ったことになる。

ドナルド・トランプ大統領は声明を発表し、攻撃について「国家安全保障上の重大な事案だ」とし、「すべての文明国がアメリカと手を組み、シリアの虐殺と流血、さらにすべてのテロ行為を終わらせる」ことを呼び掛けた。

トランプ政権は、これまでアサド政権については関与しない方針だった。ティラーソン国務長官は先月末、シリアの政権は「シリア国民が決める」ことだと述べていた。しかし今週のアサド政権の空爆で化学兵器が使用された疑惑が持ち上がったことから、トランプ政権幹部は一気に強硬姿勢へと傾いたようだ。

一方でアサド政権側は、化学兵器の使用を否定している。

【参考記事】シリアの子供たちは、何度化学兵器で殺されるのか

シリア攻撃に使われた米軍の巡航ミサイルは、地中海東部に配備されている2隻の米海軍駆逐艦から発射された。今週のアサド政権の空爆の拠点となった、シリアのシャイラート空軍基地が攻撃の標的となり、滑走路をはじめ爆撃機、格納庫、燃料庫を爆撃したという。

シリア情勢は、この6年続く内戦で反体制派がアサド政権と敵対している他、アメリカをはじめとした有志連合がテロ組織ISIS(自称イスラム国)の掃討にあたっているが、いまだにその勢力が残存し、混沌としている。

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

※次号は10/16(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を超える

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 5

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理…

  • 6

    中国に謝罪したNBAに米議員が猛反発

  • 7

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 8

    韓国チョ・グク法相が辞任表明 親族の不正疑惑巡る批…

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本の漁師から同情の声も

  • 4

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 5

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 6

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 7

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 10

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月