最新記事

トルコ情勢

トルコで増殖するグローバル・ジハード

2017年1月30日(月)15時00分
今井宏平(日本貿易振興機構アジア経済研究所)

1月1日にテロがあったナイトクラブ前 Osman Orsal-REUTERS

<トルコでISのテロが本格的に起こり始めたのは、トルコ政府がISとの対決姿勢を鮮明にした2015年からだ。一定の地域を占領して襲撃するような「面」のテロの勃発の可能性は低いが、新年の事件のような「点」のテロはいくら警備を強化しても全て防ぐことはできない>

オルタキョイでの銃撃テロ

 2017年1月1日、イスタンブルのオルタキョイにあるナイトクラブ、レイナ(Reina)で新年を祝うパーティーに参加していた人々は、テロリストの襲撃を受け、現場はお祭りムードから一転し、地獄となった。この襲撃により、39名が死亡、多くの人々が負傷した。

 実行犯であるウズベキスタン人、アブドゥルカディル・マシャリボフはレイナのキッチンで着替えて、その後タクシーで現場を逃走した。実行犯の逃走はイスタンブル市民を怯えさせたが、1月17日にマシャリボフは逮捕された。マシャリボフは「イスラーム国(IS)」の指令を受け、当初はイスタンブルの目抜き通りであるイスティクラル通りにつながるタクシム広場でテロを実行しようとしたが、警備が厳しかったために場所を変え、人が多く警備が手薄であったオルタキョイのレイナを選択した、と供述している。

 オルタキョイは、筆者もトルコ留学時代によく訪れた場所である。大学の春休み、また、日本から友人が来た時など、必ず訪問する場所であった。オルタキョイは観光地というよりも、トルコ人の若者が集まり、カフェや海に面したベンチでおしゃべりをするといった場所であった。若者だけではなく、老人や主婦なども必ず目にする場所で憩いの場であった。ここではカフェの他、トルコのB級グルメとして名高いクンピルという蒸かした大きなジャガイモにチーズやマヨネーズを入れ、マッシュポテトにし、そこにさまざまなトッピングを加えるという料理のお店が並んでいる。また、古本屋や雑貨屋もあり、筆者はオルタキョイの雑貨屋でよくイスタンブルを描いた絵やはがきを購入していた。

 加えてオルタキョイはロケーションもよかった。7月15日殉教者の橋(この名は昨年7月15日クーデタ未遂事件後にこの橋で反乱勢力に抵抗し、命を落とした一般市民を偲んで付けられた。元のボスポラス大橋)が通り、オルタキョイ・モスクが海に面して建っており、イスタンブルの景色を映した写真にも頻繁に登場する。今回事件が起きたレイナは、オルタキョイの中心部からは少し離れた場所にあったが日中であればオルタキョイの中心部が攻撃されてもおかしくなかった。

ISによるローカルなテロ

 昨年の12月15日のコラムでも見たように、トルコにおいてISのテロが本格的に起こり始めたのは、トルコ政府がISとの対決姿勢を鮮明にした2015年の6月から7月前後の時期である。

【参考記事】トルコはテロの連鎖を断ち切れるのか

 6月5日のディヤルバクルにおける6月7日の総選挙前に集会を開いていた人民民主党(HDP)の支持者たちを狙ったテロ、7月20日のスルチでのクルド人の集会を狙ったテロ、そしてトルコ共和国史上最悪の103名の死者を出した同年10月10日のテロはいずれもトルコ出身のISメンバーによるものであった。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

コロナ後の金融・財政:FRB正常化で金利差拡大なら

ワールド

インド、1日でのコロナワクチン接種830万回を達成

ワールド

アフリカでのコロナワクチン生産で投資家と協議中=ル

ビジネス

午後3時のドル110円前半、米長期金利持ち直しでド

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 3

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下構造が崩壊

  • 4

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 7

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 8

    東京五輪の「国際公約化」は日本政府の自作自演

  • 9

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 5

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 6

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月