最新記事

日本社会

40代独身男性はスーツをどのように着ればダサくないか

2016年12月22日(木)17時38分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

sjenner13-iStock.

<未婚・晩婚が社会問題化している。30~40代の独身男性から悩み相談を受けてきた人間関係コンサルタントの木村隆志氏によれば、鉄板だったはずのスーツ姿ですら、オッサン姿の象徴として見られる危険性が出てくる>

 未婚・晩婚は、日本社会を物語るキーワードとなった。結婚するか否かは個々人の選択であるにもかかわらず、日本の人口減少とも関わることから、社会問題と化している。高い生涯未婚率がニュースとなり、いまや自治体が婚活を支援する時代だ。

 これまでに5000人を超える30~40代の独身男性から悩み相談を受けてきたという人間関係コンサルタント/コラムニストの木村隆志氏は、新刊『独身40男の歩き方』(CCCメディアハウス)でリアルなエピソードと具体的なノウハウを紹介。約260万人に上る日本の40代独身男性に向けて、人生を充実させるためのさまざまなヒントを提供している(目次はこちら)。

「これから恋愛・結婚をするもしないも『自由』。仕事、趣味、友人関係のどれに重点を置くかも『自由』。お金の使い方もファッションの選び方も、健康に対するスタンスも『自由』。そんな独身だから得られる数々の自由がある中で、どんな選択をしていくのか?」と、木村氏は「はじめに」で問いかける。

 ここでは本書から一部を抜粋し、5回に分けて掲載する。第2回は「第6章 ファッション」より。


『独身40男の歩き方』
 木村隆志 著
 CCCメディアハウス

※シリーズ第1回:40代未婚、不意に夢や子どもをあきらめる瞬間が訪れたら?

◇ ◇ ◇

スーツが似合わなくなった。サイズ、シャツ、ネクタイ、革靴、すべてがダサくなる


 男女を同じ年代で比べると、男性のほうが圧倒的に見た目の劣化が早い。

 女性は10代のころから見た目を気づかっているほか、鏡を見る回数が多く、化粧という技もある。長年こまごまとケアをしながら40代を迎えるため緩やかな下り坂だが、男性はケアを怠ってきただけに急な下り坂。ここまで書いてきたように、顔や体形の劣化に伴って、似合う服の幅が極端に狭くなってしまう。

 なかでも、「これさえ着ておけば何とかなる」鉄板だったはずのスーツが似合わなくなるのは痛いところ。そもそもスーツは、上下のセットアップ+ネクタイのみの超単純コーディネートであり、襟や折り目などの縦ラインが強調され颯爽とした印象を与えられるなど、大半の男性が似合うアイテムだ。実際に、「私服がダサくても、スーツのときはそれなりにモテた」という人も多いだろう。

 しかし、顔と体形の劣化によって、20~30 代のころは「カッコイイ」と言われていたスーツ姿ですら、オッサン姿の象徴として見られてしまうようになる。

ニュース速報

ビジネス

日産とDeNAが実証実験、「技術革新の先」の移動サ

ビジネス

増発圧力続く米国債市場、利回り押し上げか

ビジネス

金融庁、マネロン対策強化で官民連絡会 3月に初会合

ビジネス

バフェット氏の株主宛て手紙、今年は米経済楽観論見直

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 3

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユニフォームの秘密

  • 4

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 5

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    仮想通貨クライシス、それでも成長は止まらない

  • 10

    銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 6

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 7

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 10

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 7

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月