最新記事

日本社会

40代独身男性はスーツをどのように着ればダサくないか

2016年12月22日(木)17時38分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部


 食品加工販売会社に勤める純一さん(43歳)は、毎日スーツ姿で出勤し、午後は取引先を回ることが多いという。「若いころは社内でも取引先でも女性社員から手紙をもらうことがあった」ものの、「最近はこっちから仕事のことで話しかけても避けられている気がする」とのこと。私が会ったときも純一さんはスーツ姿だったが、女性から声をかけられていたころの面影はなく、それどころか、仕事ができるサラリーマンにも見えないほど、スーツの着こなしがイケていなかった。

「スーツは6着持っていますが、5年前に買ったのが最後で、残り2着が7~8年前くらい。あと3着は10~15年前に買ったものですね」というから無理もない。しかも、最後に買ったスーツはゆったりサイズで、その立ち姿には明らかに違和感があった。臭いこそなかったが、同じ男の私から見ても、「ヨレヨレでだらしないな」と感じるものだったのだ。さらに、そのスーツを「週3でヘビロテしている」という。

 最もやってはいけないのは、オーバーサイズのスーツと、ダブルのスーツを選んでしまうこと。私が懇意にしているスタイリストは、「体形がゆるんできた40代以上の男性にオーバーサイズは論外。ダブルのスーツも、スタイルがよく、タイトに着こなせる人でなければやめたほうがいい。どちらも実際よりだらしない体形に見えてしまう」と言っていた。

 また、20~30代前半で買ったスーツを着るのもリスクが高い。顔と体形が変わっているのだから似合わないのが普通であり、現状に合うものを買い直すのが自然だ。それをせずに自分だけが、「このスーツが一番似合う。自分らしい気がする」と同じものを着続けている人の多さに驚かされる。独身男性ほど、「週3でヘビロテ」して、「クリーニングは年に1~2回」なんて人は多いが、それでは仕事ができるように見えなくて当然だろう。

 では、40代独身男性はスーツをどのように着ればいいのか?

・折り目をキープする
・ワイドカラーのシャツを着る
・ネクタイだけはワンランク上のものを選ぶ
・革製品の風合いを統一する

 40代男性が折り目のぼやけたパンツをはくと作業着のように見えて清潔感が失われてしまう。対策としては、「クリーニングに出す」「ズボンプレッサーを買う」「折り目を形状記憶したシロセット加工の商品を買うか、取り扱いのある店で加工してもらう」の3パターン。面倒な上に、布地にダメージを与える家でのアイロンはやめたほうが無難だ。また、ポケットにモノを入れない、ジャケット・パンツそれぞれ専用のハンガーにかけるという小さな努力が、ほどよいダンディさにつながる。

ニュース速報

ビジネス

東芝株保有のアクティビスト、キオクシア株の売却を要

ワールド

緊急事態宣言の終了時期、専門家の意見聞き適切に判断

ビジネス

新規追加は86.4兆円、事業規模108.2兆円の緊

ワールド

豪求人広告、3月は前月比10.3%減 2009年以

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆発の警告

  • 4

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 7

    「感染者ゼロ」北朝鮮の新型コロナウイルス対策

  • 8

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 9

    安倍首相、7日に緊急事態宣言・8日発効で調整 首都圏…

  • 10

    新型コロナウイルス感染爆発で顕在化 「習近平vs.中…

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月