最新記事

ユーチューバー

【動画】共感を呼ぶ「私はムスリム」の優しさ

2016年11月24日(木)17時50分
トゥファエル・アフメド

撃て、と言わんばかりの姿で立つカシェフ ARIAN KASHEF

<「私はムスリム」と書いた札を提げ、目隠しをして街頭に立つユーチューバー。決死の行動に人々はどう反応したか>

 昨年11月、130人の死者を出したパリ同時多発テロの衝撃も冷めやらず、ヨーロッパ中に反ムスリムの嵐が吹き荒れていた時期、デンマークのユーチューバー(YouTubeの動画配信のプロ)、アリアン・カシェフは何か行動を起こそうと思い立った。

 カシェフはデンマーク第2の都市オーフス各地の人通りが多い場所を選び、「私はムスリム。だがテロリストではない。あなたは私を信頼してくれますか。イエスなら、私をハグしてください」と書いたボードの横に、無防備にも目隠しをして、腕を広げて立った。そしてその様子を撮影し、YouTubeで配信した。

 人々の反応は心温まるものだった。動画では通りすがりの男女、子供たち、さらに終わりのほうでは、やはり差別を受けがちな車椅子の男性がカシェフをハグする。

 15年11月22日にアップされてからほぼ1年。カシェフのささやかな実験を収めた動画は静かな共感を呼び、再生回数は40万回超に達した。そして今年11月中旬、信じ難いことが起きた。

 カシェフの動画はソーシャルメディアで取り上げられ、世界中に拡散し始めたのだ。きっかけは米大統領選だ。選挙戦中にムスリムをはじめマイノリティーを公然と侮辱してきたドナルド・トランプが勝利したことで、1年前のカシェフのように何かしなければと思う人たちが現れた。

ゼンデイヤもリツイート

 11月8日の投票日の4日後、ツイッターのユーザーがカシェフの動画を紹介。このツイートを映画『スパイダーマン』シリーズの新作でヒロイン役を務めた人気アイドルのゼンデイヤがリツイートした(彼女のフォロワーは690万人に上る)。ゼンデイヤの投稿はさらにリツイートされ、50万超の「いいね!」を獲得した。

 その翌日の11月13日、DJのサミー・アーサックがフェイスブックの公式ページでカシェフの動画を紹介。わずか1週間で、5800万回再生され、94万人の「いいね!」を獲得。シェア数は91万9000件に上った。

 動画に寄せられたコメントを見ると、「人々の反応に希望をみいだした」「寛容の精神が大事だ」といった内容がほとんどだ。カシェフのメッセージは確実に伝わったようだ。ある人はこう書いている。「あなたがムスリムでも、ゲイでも、非白人でも、何であれ、アメリカで肩身の狭い思いをすることはないし、怖がることもない。あなたはここに属している。私はあなたの味方だ」別の人はこうも言う。「胸が熱くなる動画だ。もちろん、私も彼をハグする」

ニュース速報

ビジネス

韓国サムスンバイオ、モデルナのワクチン生産巡り「決

ワールド

NZ製造業PMI、4月は58.4に低下 拡大基調は

ビジネス

中国SMIC、売上高予測を上方修正 第1四半期は増

ビジネス

アングル:日銀、米国発株安を静観 金融市場の「フロ

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 6

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 10

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月