最新記事

2016米大統領選

米大統領選、両候補が最後の訴え、クリントン氏の勝率は約90%

2016年11月8日(火)12時41分

11月7日、米大統領選は選挙戦の最終日を迎え、民主党のクリントン候補と共和党のトランプ候補はそれぞれ激戦州を回り支持を訴えた。写真はニューヨークとオハイオ州で9月撮影(2016年 ロイター/Carlos Barria/Jonathan Ernst)

 米大統領選は7日、選挙戦の最終日を迎え、民主党のクリントン候補と共和党のトランプ候補はそれぞれ激戦州を回り支持を訴えた。

 クリントン氏はヒスパニック(中南米系)や黒人、若者など、トランプ氏は既存の政治に不満を持つ白人労働者階級などから支持されており、それぞれの支持者らに投票所に足を運ぶよう呼びかけた。

 7日公表されたロイター/イプソスの週間世論調査によると、クリントン氏が勝利する確率は約90%で、選挙人獲得予想ではクリントン氏が303人とトランプ氏の235人を大きく引き離している。当選には270人の選挙人を獲得する必要がある。

 激戦州のひとつ、ミシガン州にはオバマ大統領が入り、クリントン氏への投票を呼び掛けた。トランプ氏の気質は「軍の最高司令官にふさわしくない」と切り捨て、同氏は自分が経営するホテルやゴルフ場の従業員以外に一般の労働者とは接点がないと主張した。

 トランプ氏は接戦となっているフロリダ州サラソタで遊説を開始。勝利を確信していると述べ、クリントン氏は「ペテン師」だとこき下ろし、「われわれは頭の悪い連中に率いられることにうんざりしている」と訴えた。

 トランプ氏はノースカロライナ、ペンシルベニア、ニューハンプシャーの各州を遊説し、ミシガン州グランドラピッズでの集会で締めくくる。

 クリントン氏はペンシルベニア州からミシガン州などを回り、ノースカロライナ州のローリーで真夜中の集会を開き、選挙戦を終える。フィラデルフィアの集会にはオバマ大統領のほかミシェル・オバマ大統領夫人、ロック歌手のブルース・スプリングスティーンらが登場する。

 クリントン氏はピッツバーグで記者団に選挙戦で米国の分断がさらに広がったと指摘し、「われわれは国をひとつにしていく必要がある」と強調した。



[グランドラピッズ(米ミシガン州)/ ローリー(米ノースカロライナ州) 7日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-バイデン氏、会談で「的を射た質問」 米軍トッ

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 7
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中