最新記事

国民投票

難民を拒絶するハンガリー政府の言い分

2016年10月5日(水)18時54分
ゾルタン・コバクス(ハンガリー政府報道官)

Bernadett Szabo-REUTERS

<難民危機やテロで一部の国民が排外主義を強めているヨーロッパ。なかでもかなり強硬で国境沿いにフェンスを作って難民の侵入を阻んだハンガリーで先週末、難民受け入れの是非を問う国民投票が行われた。微妙な選挙結果に対し「圧倒的勝利」を主張するハンガリー政府の言い分を聞いた> (写真は、妻と投票するオルバン首相)

 ハンガリーで2日、EU(欧州連合)加盟国が分担して難民を受け入れることの是非を問う国民投票が行われた。結果は反対が98%と圧倒的。ただし投票率は50%を大きく下回り、国民投票は不成立となった。投票率が低かったのは、難民を排除する政府の姿勢に国民が「ノー」と言っている証拠、という声もあるのに対し、政府は圧倒的勝利だと主張する。以下は、本誌の取材に対するハンガリー政府からの回答だ。

【参考記事】難民を締め出したハンガリーに「EUから出て行け」

                  *

 今回の国民投票ほど多くの有権者が一つにまとまったのは、ハンガリーでは今までなかったことだ。330万人の有権者が反対票を投じたのは、民主化した1989年以降に行われたどの国民投票や総選挙よりも強い民意の表れだ。

 ビクトル・オルバン首相は開票が進む2日夜、この国民投票の結果は「ブリュッセル(EU本部)で戦うのにも十分な強い武器になる」と言った。

誰と住みたいかは国民が決める

 事実、EUへのメッセージは明快だ。ハンガリー国民の98%が難民の受け入れ分担を拒絶した。有権者が820万人しかいない国で、330万人が反対したのだ。「EUがわが国の国会による承認もなく、外国人の定住者受け入れをハンガリーに義務付けることを望むか」という問いに、国民から「ノー」の答えが鳴り響いた。

【参考記事】ヘイトスピーチを見逃すから極右が伸長する

 オルバン政権が国民投票を実施したのは、ハンガリー政府が移民政策を決定する権利を守り、EUが進める難民受け入れ分担に待ったをかけるためだ。欧州委員会はEU域内に不法に際限なく流入する大量の移民や難民を定住させるため、加盟国の同意なしに分担を義務付ける割当制度を提案している。だが、誰と一緒に住みたいかを決めるのは、その国の国民だ。ハンガリーも他のどの加盟国も、ブリュッセルに指図されるべきではない。

 有効投票の98%という圧倒的多数で330万人の有権者が「ノー」を突き付けた今、ブリュッセルはようやく人々の声に耳を傾けるだろうか。

 ハンガリー政府に批判的な立場の人々は、投票率の低さをやり玉に挙げて、この国民投票に法的拘束力はないとか、ハンガリーはむしろ難民反対に反対だという。だがハンガリーの国民投票はいつも投票率が低く、2日の投票率が過半数を割る44%だったのも驚くにはあたらない。この国民投票の政治的な重みを見逃しているのは彼らのほうだ。

【参考記事】一般人に大切な決断を託す国民投票はこんなに危険

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

原油先物は下落、センチメント弱く 2週続落の見通し

ビジネス

ANA社長「円安は成長チャンス」、ミラノなど3都市

ビジネス

政府・日銀、円安を十分注視し政策運営を 諮問会議で

ビジネス

政府24年度成長率0.9%に下方修正、円安で物価上
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親切だった」「世界最大の蚊かと思ったら弾丸」
  • 3
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 4
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 5
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 6
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    トランプ暗殺未遂後の包帯姿を嘲笑したスターウォー…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 10
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中