最新記事

法からのぞく日本社会

東京五輪まであと4年、「民泊」ルールはどうする?

2016年9月5日(月)17時15分
長嶺超輝(ライター)

DragonImages-iStock.

<五輪は観光業界にとって期待が大きいが、客室不足になるのは明らか。「民泊」がその穴を埋めると考えられているが、現状、その大半は旅館業法に違反した施設だと思われる。旅館業法は果たして緩和されるのか>

 地球の裏側で盛り上がったリオデジャネイロ・オリンピック。7日からはパラリンピックが行われる。次回、2020年の東京五輪に向けて日本の各方面で準備が進められているが、その経済効果は実際どのくらいあるのだろう。

 期待が大きい業界のひとつが観光業界だ。経済成長戦略の一環として、日本は「観光立国」を目指すことになった。2006年には観光立国推進基本法も制定された。2020年に4000万人、2030年に6000万人もの外国人観光客を誘致するという、史上空前の数値目標が立てられている。

 その受け入れ態勢を整えるため、都内の各地でホテルの建設が急ピッチで進められている。それでも、外国人観光客数の増加には追いつかず、客室が足りなくなることが確実視されている。そこで、個人間の部屋の貸し借りである「民泊」がその不足を補うものと期待が寄せられている。

【参考記事】「民泊」拡大が暗示するのは、銀行のない未来

持ち家であれ賃貸であれ旅館業法が壁に

 日本では相続税の節税対策としてマンションを建てる人がいるため、相続からしばらく経過した物件で空き部屋が多くなっているといわれる。東京などの都市部では、駅から近い空き物件も少なくないため、外国人向けの民泊にはうってつけといえるだろう。


◆民法 第206条(所有権の内容)
 所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をする権利を有する。

 所有権は絶対である。持ち家であれば「法令の制限内において」自由に「収益」を上げることができる。所有する物件を、民泊に活用することも原則として自由だ。

 では、所有権はないが、家賃を払って借りている物件ではどうだろうか。たとえば長期出張などの事情でしばらく住めない部屋を、外国人に一時使用してもらえれば、家賃の支払いを節約できるし、客室不足の解消にも一役買うため、社会全体にもメリットがある。

 しかし、賃貸物件では契約書や管理規約で「転貸禁止」が盛り込まれていることが多い。なぜなら、大家(オーナー)は、他でもないあなたを信頼して部屋を貸しているからだ。


◆民法 第612条(賃借権の譲渡及び転貸の制限)
1 賃借人は、賃貸人の承諾を得なければ、その賃借権を譲り渡し、又は賃借物を転貸することができない。
2 賃借人が前項の規定に違反して第三者に賃借物の使用又は収益をさせたときは、賃貸人は、契約の解除をすることができる。

 つまり、誰が入居するかわからない民泊は、大家と借り手との間の信頼関係を損ね、賃貸借契約違反となるのが原則である。もし、借りている部屋で民泊を行うときは、大家から必ず承諾をとるのが大前提となる。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    【動画】米軍、イラン革命防衛隊が日本のタンカーか…

  • 8

    世界に誇る『ゴジラ』シリーズ化の原点は、1955年公…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 6

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月