最新記事

欧州難民危機

欧州への難民は減った。しかし難民危機は去ったのか? その現状と課題

2016年6月14日(火)16時10分
佐藤俊輔

 この際に問題とされたのが、ギリシャの境界管理の不十分さである。この決定はあくまでもシェンゲンの規則に則った決定であるので、当面シェンゲン圏の崩壊という表現はあたらないものの、それでもシェンゲンが平常への復帰を果たすためにはEUは遅くとも2016年の末までに域外国境管理の機能を回復する必要がある。

極右・ポピュリズムの高まり

 最後にこれらEUの問題とは次元を異にするが、すでにEU域内へ入り、庇護申請をしている人々が各加盟国社会へ与える影響の問題がある。

 この点からは5月にオーストリアで行われた大統領選挙において、右翼ポピュリズム政党とされる自由党の候補者ノルベルト・ホーファー氏が難民危機を前面に掲げて選挙戦を戦い、第1回投票で第1位の座を獲得した上に、決選投票でも49.7%の得票で惜敗と言える結果を残したことが注目される。

 オーストリアは昨年秋にはハンガリー、スロヴェニアを経由し、ドイツへ向かう難民を積極的に受け入れたのであるが、ホーファー氏の躍進の要因のひとつは、この難民受入れによって人々に生じた国境管理喪失の恐怖心を利用した形となった。

 オーストリアにおける大統領がどちらかといえば形式的な存在であり、また最終的に緑の党の候補者ファン・デア・ベレン氏に敗れたとはいえ、一国の元首を決定する選挙で右翼ポピュリストの政治家が接戦を演じたことは欧州諸国に大きな衝撃を与えた。

到着した難民の統合へ向けた取り組み

 ただし、昨今の欧州には極右・ポピュリズムの高まりが確かに見出せる一方で、既に到着した難民の統合へ向けた取り組みが着々と行われていることも見逃すべきではないだろう。

 なかでも昨年から最も多くの難民を受け入れているドイツでは、メルケル首相率いる大連立政権によって新たな移民統合法を制定する動きが本格化している。

 「支援と要請」という標語にあらわされるように、庇護申請者にはドイツ語やドイツの生活様式に関する講習や職業訓練の提供や、労働市場への統合支援が計画される一方、その講習や職業訓練への参加を拒否した庇護申請者への扶助の減額や定住許可のためのドイツ語習得の義務付け、さらに難民認定者への住居割当てなど難民に対する条件付けも多く含んでおり、既に存在する新規移民の統合講習を庇護申請者へと拡大・応用する内容となっている。

 このような条件付けに対してはPRO ASYLなどの難民支援団体から統合の目的に反するとの異議も提出されており、様々な立場から議論が行われているのが現状であるが、少なくとも同法にはドイツ政府の統合への積極的な取り組みと意志とを見出すことが可能であろう。

 もちろん新たに支持を伸ばしつつある「ドイツのための選択肢」党やPEGIDAのような排外運動の伸長が示すようにドイツ社会でも難民を巡る亀裂は拡大しつつあり、移民統合へ向けた安定的なコンセンサスが存在しているとは言えない。それでもこの新法制定への動きは、難民危機の最初の波の収束とともに、次の段階へ向けて大規模な実際的対応が開始されつつあることを示している。

 EUの難民危機がもたらす課題は折り重なり、安易な解決を許さない。それだからこそ危機を過大に評価することも過小に評価することも避け、現実的な解決策を探る様々な取り組みへと目を向ける必要があろう。


[筆者]
佐藤俊輔
東京大学法学政治学研究科博士課程を満期退学後、EUの基金によるエラスムス・ムンドゥスGEM PhDプログラムにより博士研究員としてブリュッセル自由大学・ジュネーブ大学へ留学。2016年4月より獨協大学・二松學舍大学・立教大学で非常勤講師。専門はEUの政治、ヨーロッパ政治、移民・難民政策。

ニュース速報

ワールド

大阪府、緊急事態宣言要請へ 商業施設休業など「強い

ワールド

大阪府と東京都の緊急事態宣言、要請あれば速やかに検

ビジネス

イタリアの1-3月期GDP、前期と同水準のマイナス

ビジネス

前場の日経平均は続伸、方向感欠き往来相場から抜け出

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 

  • 2

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイートに保守派が怒った訳

  • 3

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けられている?

  • 4

    日米首脳会談:菅義偉が国際政治のスターになる日

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    菅首相が「国際公約」にしてしまった東京五輪の現実…

  • 7

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 8

    SATCの幻想で期待した映画『デッドリー・イリュージ…

  • 9

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 10

    ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウス…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 3

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 4

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 5

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 6

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 9

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 10

    エヴァと私の26年

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき愚者は食べ、凡人は我慢する。では賢者は?

  • 4

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月