最新記事

ヘルス

ロシアでHIV感染拡大、原因はコンドーム

2016年6月1日(水)17時50分
シボーン・オグレイディ

Denis Sinyakov-REUTERS

<コンドームの使用を奨励するのは婚外交渉、ひいてはHIV感染を拡大させる西側の謀略?> 写真のプーチンはコンドームを巻かれている

This article first appeared in Foreign Policy Magazine.

 昨年11月、ロシアのエイズ予防対策連邦センターのワディム・ポクロフスキー所長は会見で、ロシア全土でエイズウイルス(HIV)への感染が拡大しており、このままでは2020年までにHIV感染者が200万人に増える可能性があると警告した。

 だが心配ご無用。クレムリン直属のロシア戦略調査研究所(RISS)がエイズ感染拡大の原因を突き止めた。コンドームだ。

 性行為を通じて感染し、エイズを発症すれば死に至らしめることもあるHIV。その感染拡大を防ぐための唯一ともいえる手段であるコンドームが、HIV感染拡大の原因だと言うのだ。

HIV感染は西側の攻撃

 RISSのタチアナ・グゼンコワ副所長はモスクワ議会で証言し、HIV感染拡大は西側諸国のロシアに対する「情報戦争」に他ならないと力説した。

 RISSが公表したHIV感染に関する報告書の共著者でもあるイーゴリ・ベロボロドワは、「避妊具業界が商品の売り込みに躍起になるあまり、未成年者の性行為を煽っている」と批判。HIV感染を予防する最善の対策はコンドームの使用ではなく「互いに忠実な男女間の結婚を基盤とする、ロシア伝統の家族の価値を守ること」だと述べた。

【参考記事】抱腹絶倒!プーチン皮肉るアングラ劇団

 グゼンコワ副所長は、エイズ予防対策には西側諸国とロシアという2つのモデルがあると主張。そのうえで西側のエイズ予防対策について「いかにも新自由主義的なイデオロギーに満ちており、薬物依存症患者やLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーなどの性的少数者)といったHIV感染リスクの高い特定のグループに過度に焦点を当てたものだ」と批判した。

 ロシアのエイズ対策は「ロシアの文化的、歴史的、精神的な特性を取り入れており、保守的なイデオロギーとロシアの伝統的な価値観に基づいている」と評価した。

【参考記事】ロシアにはダメ男しかいない!

 だがポクロフスキーには、そうした政府のアプローチこそが、ロシアにおけるHIV感染拡大の元凶と映る。「過去5年間のロシアの保守的なエイズ予防対策の結果、HIV感染者は2倍に増えた」

ロシアでは2015年、9万3000人が新たにHIVに感染した。いや大丈夫、コンドームを禁止して貞節を説けば万事解決だ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ワクチン外交に対する懸念、「心が狭い」=中国政協報

ビジネス

ユーロ圏総合PMI、2月改定値は48.8 二番底ほ

ビジネス

英総合PMI2月は49.6に改善、サービスは4カ月

ワールド

1都3県への緊急事態宣言、2週間程度の延長が必要=

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれがある、とのシミュレーション結果

  • 4

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 5

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 6

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 7

    聞こえてきた英連合王国分裂の足音

  • 8

    部下が適応障害? 親身に相談に乗り、仕事を減らし…

  • 9

    習近平国賓来日は延期でなく中止すべき

  • 10

    秘蔵っ子辞任「縁故主義」のブーメランが菅政権に突…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月