最新記事

ロシア

抱腹絶倒!プーチン皮肉るアングラ劇団

ボトックス疑惑から愛人の噂まで、さまざまなタブーを盛り込んでロシア政治の闇に切り込む

2012年7月9日(月)16時53分
アンナ・ネムツォーワ(モスクワ)

まんざらでもない? アングラ劇団「テアトル・ドット・ドク」の舞台でさんざん笑いの種にされたプーチンだが Mohamad Torokman-Reuters

 テアトル・ドット・ドクは最近、ロシアの反政府運動に重要な役割を果たしているアングラ系の劇団。ただし、彼らの芝居を見るのは至難の業だ。

 活動拠点は、大統領府から1キロ余りしか離れていない場所の地下に設けられた簡易ステージ。客が100人も入れば満員で、半数以上は床に座らされる。

 秘密主義も徹底している。宣伝ポスターはなく、公演情報はネットでしか見られない。それでも、現代ロシアのざらついた日常を描いた作品を目当てに、多くの観客が押し寄せる。

 この10年間、劇団創設者のエレーナ・グレミナとミハイル・ウガロフは社会問題に鋭く切り込む一方、政治問題への言及を避けてきた。北オセチア共和国ベスランで起きたチェチェン人による学校占拠事件へのロシア人の無関心、愛が報われず夫を殺した女性受刑者、疎外感に苦しむ若いエイズ患者。どの作品にもロシアの現実が映し出されているが、制作陣の政治的見解が示されることはなかった。

プーチンが記憶喪失に?

 だが5月になって、劇団はついに中立路線を捨てた。ある肌寒い月曜日の夜、劇団は地下室を飛び出し、デモ隊が集まるモスクワの公園で『ベルルスプーチン』の一部を上演した。これはイタリアの劇作家ダリオ・フォの『双頭の人体』をリメークした舞台。主人公は4年ぶりにロシア大統領に返り咲いたウラジーミル・プーチンと、女好きで知られるイタリアのシルビオ・ベルルスコーニ前首相だ。

 冒頭で2人はテロ攻撃に遭い、ベルルスコーニは死亡、プーチンは生き残る。イタリア人医師団がベルルスコーニの脳をプーチンに移植すると、プーチンは自分が犯してきた政治的な罪を忘れてしまう。

 バーバラ・ファエルが脚色した今回の舞台には、プーチン政権にまつわるスキャンダラスな噂が盛り込まれている。例えば、29年前に結婚したプーチンの妻リュドミラが表舞台から姿を消した件。彼女はプスコフの北にある修道院で暮らしているとみられる。一方、プーチンの愛人と噂される新体操の元世界王者アリーナ・カバエワは国会議員となり、事実上のファーストレディーと言われている。

 ほかにも、プーチンが若返りのためにボトックス注射を受けているという噂や、写真撮影の際に上半身裸になりたがる癖、汚職に寛容な姿勢など、さまざまなタブーを笑い飛ばしている。

大半の劇場で上演拒否

 こうした笑いの合間に政治的な批判も盛り込まれる。医師団はプーチンの記憶を取り戻すため、修道院にいる妻の元に生まれ変わったプーチンを連れていく。妻の話を聞いて自らの極悪非道な過去を恥じたプーチンは、話をやめてセックスしようと妻に懇願。「私をレイプすることなんてできない。私はロシアじゃないんだから」と、妻は叫ぶ。

 こんな調子だから、フォの『双頭の人体』はロシアの大半の劇場で「問題作」扱いされて上演を断られてきた。だがテアトル・ドット・ドク版の公演情報は当局に知られておらず、公園での舞台は弾圧を免れた。

 創設者の2人は、今後も政治的に刺激的な作品を上演する決意を固めている。昨冬には、人権派弁護士スタニスラフ・マルケロフの暗殺を企てた愛国主義者らの会話を俳優陣が読み上げる朗読劇を上演。この会話は治安当局が09年に録音し、新聞社から劇団に持ち込まれたものだ。

 グレミナが手掛けた新作『1時間18分』は、弁護士セルゲイ・マグニツキーの生と死を時系列で追う。役人の巨額不正を追及していたマグニツキーは、獄中で医療を受けられず死亡した。彼の死に関与した人間が有罪判決を受ける日まで上演を続ける、とグレミナは誓っている。

 公園で『ベルルスプーチン』が上演された翌日、警察はデモ隊を一斉に検挙した。彼らは今も身柄を拘束されたままだ。

ニュース速報

ワールド

大阪府、緊急事態宣言要請へ 商業施設休業など「強い

ワールド

大阪府と東京都の緊急事態宣言、要請あれば速やかに検

ビジネス

イタリアの1-3月期GDP、前期と同水準のマイナス

ビジネス

前場の日経平均は続伸、方向感欠き往来相場から抜け出

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 

  • 2

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイートに保守派が怒った訳

  • 3

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けられている?

  • 4

    日米首脳会談:菅義偉が国際政治のスターになる日

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    菅首相が「国際公約」にしてしまった東京五輪の現実…

  • 7

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 8

    SATCの幻想で期待した映画『デッドリー・イリュージ…

  • 9

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 10

    ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウス…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 3

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 4

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 5

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 6

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 9

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 10

    エヴァと私の26年

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき愚者は食べ、凡人は我慢する。では賢者は?

  • 4

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月