最新記事

日本

オバマ広島訪問より大切なものがある

2016年5月20日(金)16時00分
辰巳由紀(米スティムソン・センター主任研究員)

Issei Kato-Reuters

<アメリカ大統領の被爆地訪問は歴史的な行為だが、そのために直前に行われる伊勢志摩サミットの議論がかすんではならない>

 現職の米大統領は、広島に行くべきか──この問いは政治面で非常に微妙な問題だ。

 米ホワイトハウスは先週、オバマ大統領が自身にとって最後のG7となる伊勢志摩サミットへの出席に合わせ、広島を訪問すると発表した。安倍首相も同行する。

 先月、ケリー米国務長官がG7外相会議で広島を訪れた際、広島平和記念資料館に足を運んだ。以来、オバマが広島を訪問するかどうかが注目されていた。

【参考記事】「ケリー広島献花」を受け止められなかったアメリカ

 オバマにとって広島訪問は、核兵器廃絶に向けた長年の取り組みを示すことになる。彼は09年、プラハで行った演説で「核なき世界」の実現を高らかに呼び掛けた。

 その一方で広島、そして長崎への原爆投下は、果たして正当化できるのかという問題がある。「オバマは広島を訪れるべきだ」と「訪れるべきではない」という相反する意見には、それぞれを強く支持する材料をいくらでも集められる。

 だが、ともかくオバマは広島へ行くことにした。オバマの広島訪問から予期すべきこと、予期すべきではないことは、それぞれ何だろう。

謝罪はしない

 まず日米両国は、オバマの広島訪問は過去と同じくらい、未来に対して意義があると訴えるだろう。

【参考記事】安倍首相の真珠湾献花、ベストのタイミングはいつか?

 オバマと安倍が共に広島を訪れれば、核兵器廃絶という目標に両国が精力的に取り組んでいるという強いメッセージになる。さらに、北朝鮮が防衛目的と称して核兵器開発を継続している時期に、両首脳が核拡散防止を働き掛けていると訴えることにもなる。

 第2にオバマは、広島を訪問することで米大統領が原爆投下について謝罪した、と受け取られる発言は慎重に避けるだろう。しかし日本では、オバマが広島を訪れること自体、原爆が引き起こした恐怖と悲惨さを米大統領が認め、礼節を持ってその事実を思い起こしたと受け止められる。いずれにせよ、オバマの広島訪問は、日米関係にとって間違いなくプラスになる。

 だが日米両国が考えるべきなのは、各国首脳が伊勢志摩サミットで話し合う世界的な議題の中に、オバマの広島訪問をどう位置付けるかだ。ケリーが原爆資料館と平和記念公園を訪れたのは、外相会議が終わった後だった。一般の関心は、各国外相の合意内容より、ケリーの広島訪問に集まった。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、独立記念日に記念碑破壊批判へ 景勝地で

ワールド

アングル:豪経済の長期繁栄に終止符、構造転換がコロ

ビジネス

焦点:「バイデン大統領」に備える投資家、ドル売りに

ワールド

NFLレッドスキンズ、チーム名変更検討へ 人種差別

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 10

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月