最新記事

交通

自動運転車の実用化はシンガポールにお任せ

小さな島国が米日独を押しのけて世界初の商用自動運転を実現できそうな理由

2016年4月25日(月)16時30分
パトリック・ウィン

世界の実験場 植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」で行われた試験走行 Edgar Su-REUTERS

 東南アジアの小さな島国シンガポール。ここの人々はテクノロジーが大好きだ。同時にこの豊かな都市国家は、強権的な政府が厳しいルールを住民に強制できる国でもある。

 自動運転車の開発と普及にとって、これほど好条件に恵まれた場所は世界中にほとんどない。実用化を目指す競争でアメリカを出し抜く可能性もある。

 近い将来、自動運転が人々の暮らしを一変させることはほぼ間違いない。問題はそれがいつかだ。日産自動車やゼネラル・モーターズ(GM)など大手メーカー7社は、20年までに自動運転車を発売すると発表している。全米都市連盟の調査によれば、30年までに自動運転車は「日常的な」風景になるという。 

 自動運転の研究で世界のトップを走るのは、米カリフォルニア州のシリコンバレーだ。グーグルは既に公道で約150万マイル(約240万キロ)の走行実験を実施。ただし、カリフォルニアで自動運転車による通勤が今すぐ実現するわけではない。

【参考記事】「発進」ボタンを押すだけ、グーグルの完全自動運転車
【参考記事】自動運転でも手を離せないテスラの大いなる矛盾

 シンガポールはアメリカの技術を拝借して、競争に勝つつもりらしい。政府は研究補助金と法制度を味方にアメリカ人科学者を引き付けようとしている。

「私たちはシンガポールに懸けている」と言うのは、自動運転車のソフトウエア開発を行うヌートノミーのダグ・パーカーCOO(最高執行責任者)。同社はマサチューセッツ工科大学(MIT)のプロジェクトから誕生した新興企業だが、オフィスをシンガポールに置いている。パーカーによれば、「自動運転車を大規模に採用する最初の国」になると確信したからだ。

政府主導ならではの強み

 ヌートノミーは今後1~2年以内に、公共交通向けのロボット運転車を完成させたいと考えている。もし実現すれば、世界初の商用自動運転車になりそうだ。「シンガポールは経済強国だが、同時に小さな国でもある」と、パーカーは言う。「彼らは対応が早い。アメリカ政府が法制化するのは難しいことも、彼らならできる」

ニュース速報

ワールド

東京で新たに143人感染、累計1000人超す=報道

ワールド

OPECプラス会合、9日に延期 ロシアとサウジが対

ワールド

新型コロナ、仏英で死者が過去最多 伊・スペインは拡

ワールド

8割以上が緊急事態宣言を支持=孫氏ツイッター調査

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月