最新記事

政治

トランプは、ヨーロッパを不安にさせる「醜いアメリカ人」

2015年12月15日(火)19時23分
アダム・リボア

 トランプの台頭は、テロリズムや移民危機、ロシア、中東などに対する恐怖を煽る政治が影響力を持つことを表している、とグレイマーは指摘する。「アメリカ人は、これがヨーロッパに与える影響を正しく評価していない。われわれヨーロッパ同盟国は、米国の世論に注目している。トランプは連日のように見出しを飾っており、現にわれわれのアメリカに対する認識は、この予備選挙を通じて変わってきている」

 トランプは、ポピュリズム(大衆主義)的なレトリックを超えてさらに危険な橋を渡っている、とアナリストたちは言う。「偏見に根ざした憎悪が常態化し、そういう発言も普通になってしまった」 

 こうしたアメリカの風潮にうまく乗ったのがトランプなのだ。

 自分たちさえよければいいという党派心に基づいた発言は、暴力につながる恐れをはらんでいると、ヘリヤーは警告する。「現実にヘイトクライム(憎悪犯罪)や脅迫、放火などが増加しており、アメリカ人イスラム教徒の生活に実際の影響が出てきている。もしヨーロッパの政治家がユダヤ系の人々に対して同様の発言をすれば総スカンを食らうだけでなく、全ヨーロッパ人の敵とみなされるだろう」

ISISには理想のアメリカ大統領

 トランプの発言が歓迎される場所が1つある。それはISIS(自称イスラム国、別名ISI)が首都と自称するシリアのラッカだ。「トランプの最も過激な発言が、アルカイダやISISが正しいことを証明しているようにみえる」と、戦略国際問題研究所のアンソニー・コーズマンは言う。「トランプを見たイスラム教徒は、アメリカはイスラム教徒もイスラム教も敵視していると思うだろう。トランプはISISにとって理想のアメリカ大統領だ」

 トランプは怒りと憎悪の政治の象徴で、それはISISの思うつぼだと、反テロリズム・シンクタンク、クイリアム基金のハラス・ラフィクは言う。ISISのやり方は常に、人々を曖昧な立場から引きずり出して、白と黒に二分された世界に放り込むことだ。トランプのおかげで、今やISISは勧誘でこう言える。「ほら見ろ、自由世界の大統領になるかもしれない男が、イスラム教徒は来るな、と言っている」

 ヨーロッパの歴史は、少数の過激派を許容することの危険を教えている。「以前にも見たことがある。トランプなど大統領選の道化役だと笑い飛ばす人がいる。第一次大戦後のヨーロッパで、人々がヒトラーを道化と片付けたのと同じだ」と、ラフィクは言う。

 トランプはいずれ消えるかもしれないが、より深い問題は残る。極右であれ極左であれ、自由な民主主義社会を軽侮し覆そうという人々が力を得てきているということだ。トランプ発言の産物だ。

ニュース速報

ビジネス

米6月コアPCE物価3.5%上昇、高止まり続く サ

ワールド

ドイツ、ワクチン未接種の入国者全員に陰性証明書の提

ビジネス

キャタピラー、第2四半期利益は予想上回る 経済再開

ビジネス

米SEC、中国企業の米上場手続き停止 リスク開示巡

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなるのか?

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「謝らない謝罪」が日本で蔓延している

  • 5

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 6

    米病院で開会した「もう一つのオリンピック」と、小…

  • 7

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    愛妻にバラバラ死体にされた日系御曹司...猟奇殺人事…

  • 10

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 7

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 10

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月