最新記事

事件

米乱射事件の容疑者2名を射殺、FBIはテロの可能性も排除せず

逃走に使われたSUVに容疑者と同乗していた1名を拘束、事件との関係は不明──

2015年12月3日(木)17時06分

12月2日、米カリフォルニア州サンバーナディーノにある障害者支援を行う福祉施設で銃乱射事件が発生し、14人が死亡、17人が負傷した。提供写真(2015年 ロイター/NBCLA.COM)

 米カリフォルニア州サンバーナディーノにある障害者支援を行う福祉施設で2日、銃乱射事件が発生し、当局によると14人が死亡、17人が負傷した。男女2人の容疑者が現場から車で逃走したが、警察との銃撃戦で死亡した。

 米連邦捜査局(FBI)の担当者は、今回の事件がテロ行為であるとの可能性を排除しないと述べた。

 事件は現地時間午前11時に発生。同施設のラビニア・ジョンソン氏はCNNに対し、発砲は会議棟で起き、当時は郡の保健当局職員のパーティーが行われていたと述べた。

 サンバーナディーノ警察によると、死亡したのは米国籍のサイード・ファルーク容疑者(28)とタシュフィーン・マリク容疑者(27)で、夫婦だったとみられる。

 容疑者らはスポーツ用多目的車(SUV)で現場から逃走したが、その後、警察と銃撃戦になった。サンバーナディーノ警察のバーグアン署長は、容疑者らがライフルと拳銃で武装し、戦闘服を着ていたと語った。また、車から逃走した1人を拘束したが、事件との関連は分かっていない。

 警察の報道官によると、この銃撃戦で警官1人が負傷したが、命に別状はないという。

 一方、事件を受けて地元のイスラム系団体が会見を開き、出席したファルーク容疑者の義理の兄弟という男性は、動機について「全く分からない。私もショックを受けている」と話した。

 この団体によると、ファルーク容疑者と妻は2日朝から行方が分からなかったという。また警察は、ファルーク容疑者がサンバーナディーノ郡職員で、犯行現場でのパーティーに出席していたが、その後犯行に及んだと明かした。

 サンバーナディーノはロサンゼルスの東約100キロにある。

 米国では、先月27日にコロラド州コロラドスプリングスの非営利団体「プランド・ペアレントフッド(家族計画連盟)」の施設で3人が死亡する発砲事件が起きたばかり。

 

[サンバーナディーノ(米カリフォルニア州) 2日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2015トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

仏、8日の新型コロナ感染と死者が平均突破 当局は第

ワールド

英政府、飲食店の需要喚起にキャンペーン 8月開始

ビジネス

米ウォルマート、医療保険事業に進出

ワールド

原油先物、強弱入り混じった材料でほぼ横ばい

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月