最新記事

イラク

IS敗走後に集団墓地と数100人の遺体

More Yazidi Mass Graves Discovered Near Sinjar by Iraqi Officials

イラクの少数派ヤジディ教徒をISは大量に虐殺した

2015年12月1日(火)17時30分
ルーシー・ウェストコット

「解放軍」 シンジャールの奪還に向かうクルド人民兵ペシュメルガ Ari Jalal-REUTERS

 イラク北部のシンジャール付近で、少数派ヤジディ教徒の多数の遺体を埋めた集団墓地が次々と発見されている。遺体の少なくとも一部は生き埋めにされたものだという。

 BBCの報道によると、イラク当局は先週、110人以上の遺体が埋まった場所を発見した。場所はシンジャールから約10キロ西で、シンジャールが敵の手に落ちた場合備えて手製爆弾(IED)が仕掛けられていたと、アルジャジーラが伝えている。

若い女は売り、年寄りは生き埋め?

 先週末にはイラク当局が、さらに3カ所の集団墓地を発掘。遺体の数は合わせて80~100人分になるという。これでイラク当局が発見したヤジディ教徒の集団墓地は少なくとも7カ所にのぼる。2週間前には、ヤジディ教徒の女性ばかり40~80人の遺体が埋められた場所が見つかった。性奴隷として売ったりレイプするには「年を取り過ぎている」とみなされた女性たちのようだ。

 2014年8月にイラクとシリアを結ぶ要衝シンジャールを制圧したISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)は、この地に住むヤジディ教徒を異教徒とみなして暴虐の限りを尽くした。男性は殺害され、何百人もの女性と少女は性奴隷として捕らえられ、残ったヤジディ教徒はシンジャール山の山頂に逃れたが、そこでもイスラム教への改宗を無理強いされ、拒めば殺害された。

 アメリカ主導の有志連合はその直後からシンジャールのISISに空爆を開始。今年11月には、空爆による支援を受けて、シリアの少数民族クルド人民兵組織ペシュメルガが地上で猛攻を仕掛け、シンジャールを奪還した。

 ISISが敗走した後には多くの集団墓地が残された。

 ISISはヤジディ教徒、ならびに他の宗教・民族的マイノリティーを大量に殺害し、「ジェノサイド、戦争犯罪、および人道に対する罪を犯した疑いがある」と国連は述べている。

ニュース速報

ビジネス

GE、第1四半期調整後利益は予想上回る 株価6.8

ビジネス

武田薬、シャイアー買収提案価格引き上げの公算 1株

ビジネス

英中銀、時間をかけず段階的に利上げすべき=ソーンダ

ビジネス

日産、22年度までに国内でEV3車種・eパワー搭載

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 3

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 4

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 5

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 6

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知ってい…

  • 9

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 10

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月