最新記事

核兵器

「核保有国」北朝鮮の5年後

5年後には日本だけでなくアメリカにも核ミサイルが飛んできかねないと米研究

2015年4月7日(火)16時21分
シャノン・ティエジー

核交渉は失敗 大陸間弾道ミサイルの開発も着々と進んでいるようだ(2012年の軍事パレード) KCNA-Reuters

 北朝鮮が核備蓄を着々と増やしている。最悪の場合、5年後には100発もの核弾頭を保有している可能性があるという。

 この予測は先週、米ジョンズ・ホプキンズ大学米韓研究所と米国防大学の共同研究プロジェクト「北朝鮮の核の未来」が示したもの。それによると、昨年末の時点で北朝鮮が保有していた核弾頭は10〜16発で、20年までの開発動向としては3つのシナリオが考えられる。

 まず、開発が最も遅いシナリオ。新たな核実験もミサイル発射実験も行われないが、核弾頭は20発に増える。

 第2のシナリオは従来と同じ開発ペースで、核弾頭は50発まで増える。中距離弾道ミサイル(IRBM)や、場合によっては大陸間弾道ミサイル(ICBM)への実装も可能になる。

 第3のシナリオでは核とミサイルの開発が急速に進み、核弾頭の備蓄は100発、ICBMは20〜30基に達する恐れがある。

 報告書はさらに、北朝鮮が既に核弾頭をミサイルに実装する小型化技術を獲得していると指摘。ということは、5年後には日本だけでなくアメリカにも北朝鮮の核ミサイルが飛んでくる可能性がある。

 これで従来の核交渉が失敗だったことがはっきりした。アメリカ(と国連)は、北朝鮮に経済制裁をちらつかせて、核開発続行か経済発展かを迫ってきた。だが、「北朝鮮は選択する必要がない。両方手にしているのだから」と、米韓研究所のジョエル・ウィット研究員は語る。

 ロシア、中国、ASEAN諸国などの周辺国は、北朝鮮と正常な政治経済関係を築いている。おかげで北朝鮮は、核開発とミサイル開発に必要なインフラをひと通り完成させた。ここから先の開発のコストは「さほど大きくない」と、核問題専門家で元国連査察官のデービッド・オルブライトは指摘する。

 だとすれば、核備蓄拡大に向けた北朝鮮の野望をくじくのは、ますます難しくなりそうだ。

From thediplomat.com

[2015年3月10日号掲載]

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 6

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 7

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月