最新記事

中国

人民解放軍「暴走化」の読めない構図

繰り返される挑発行為は習政権の統率力低下を示しているのか

2014年10月10日(金)13時08分
アンキト・パンダ

新革命? 習は軍に異例の訴えをした。「私の命令を聞いてくれ」 Ryan Burke/Getty Images

 8月には中国軍戦闘機が南シナ海上空で米軍哨戒機に異常接近、9月半ばにはインドと領有権を争うカシミールで中国軍が実効支配線を越えて侵入──人民解放軍の大胆な行動を説明するためによく使われるのが、軍が「暴走している」という言葉。言い換えれば、挑発行為は中国共産党指導部と軍との間の指揮命令系統に問題があったせい、ということだ。

 人民解放軍は共産党に属し、習近平(シー・チンピン)国家主席は党の最高軍事指導機関である中央軍事委員会の主席なのに、そんなことがあり得るのか。
いや、案外これが中国軍の実態なのかもしれない。

 共産党指導部は軍を完全に掌握していないという見方を裏付ける出来事が最近、いくつか起きている。習は先頃、人民解放軍本部で演説した。注目すべきは、それが9月中旬のインド訪問直後だったこと。習の訪印中には、中国軍がカシミールの実効支配線を越えてインド側に侵入していた。習は「絶対的忠誠と党に対する不変の信頼」の重要性を強調したと、国営の新華社通信は伝えている。

 習が「指揮命令系統の統一」や「党指導部の決定の完全な履行」を強く訴えたことも、独断で動く軍司令官の存在をうかがわせる。「現場の司令官は安全保障をめぐる内外の状況についてよく理解しなければならない」と語ったというのも意味深長だ。
演説の場には、人民解放軍の房峰輝(ファン・フォンフイ)総参謀長も出席していたという。

 演説後に発表された声明には「人民解放軍は国家主席で中央軍事委員会主席の習近平の命令に従い、中央軍事委員会が定める目標や任務に合わせて作戦を作り直さなければならない」と記されていた。

軍を戒めた演説の奇妙

 これらの言葉から考えれば、軍が党指導部の承諾なしに、しかも指導部の戦略的意図に反する行動をした可能性は高そうだ。もちろん、軍の逸脱の程度を知るのはほとんど不可能。確かなことは、習が人民解放軍に「私の命令を聞いてくれ」と言う必要に迫られたということだ。

 習はインドのナレンドラ・モディ首相と会談した際、カシミールでの中国軍の侵入行為について、自分は何も承知していないと語った。この発言の真偽について考え直す必要もありそうだ。習がインドから帰国直後、軍に対してあのような発言をした事実は、侵入が軍の「暴走」だったことを示唆している。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆

ワールド

日米の防空ミサイル増産協力、ボーイングの部品供給が
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中