最新記事

イギリス

独立スコットランドを待つ厳しい現実

イギリスからの独立が現実味を帯びるスコットランドだが、待っているのはバラ色の未来だけではない

2014年9月16日(火)18時50分
リアナ・ブリンデッド

大詰め 18日の住民投票に向け、独立に「イエス」を呼びかけるプラカード Cathal McNaughton-Reuters

 今月18日に迫った住民投票でスコットランドの有権者たちが独立を選んだ場合、新たな独立国には大きな経済的負担がのしかかりそうだ。307年間に及ぶイングランドとの連合を解消することで政府の借入コストが上昇し、所得税が増税される一方で、政府は新たに10億ポンドもの債務を抱えることになるとみられる。

 ある調査によれば、独立したスコットランドが現状の経済環境下で国債を発行すれば、利回りはイギリス国債の2.54に対して3.07になるという。さらに、この0.53という利回りの差(スプレッド)によってスコットランド政府は資金調達のコストがかさみ、財政赤字が拡大すると予想される。

 その分を穴埋めするには、所得税を大幅に引き上げたり、酒税を倍にしたりするなどの手段が必要になるだろう。

「独立国として資金調達するには、これまで以上のコストがかかる」と、今回の調査を行った団体「バランス・ザ・ブックス」の責任者であるアダム・カービーは言う。

 これは避けて通ることのできない課題だ。スコットランド独立によって一時的に混乱が生じても、いずれは政治・経済的に安定するだろう。だがそうなった後も、規模の小さな国ほど借入のコストが高くなるという事実は変わらない。

「逆にイギリスの一部にとどまれば、民間の債務も政府債務も返済時の金利は安くなる」とカービーは言う。増税する必要はなく、住宅ローンは上がらず、公共サービスも高い水準のものが維持される。「連帯には、独立という魔法では生み出すことのできないメリットがある。(イギリスとして)資金調達できるのだから」

「スコットランドは現時点で、税収よりはるかに多くの歳出を行っている」と、カービーは言う。北海油田から得られる収入をスコットランドが手にしたとしても、その状況は変わらない。「イギリスに残れば、10億ポンド分の緊縮財政を行わなくてすむ」

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中