最新記事

北欧

ロシアの次の標的はフィンランドか

フィンランドとの国境付近で軍事演習を行ったプーチンのフィンランドへの想いを元側近が代弁?

2014年4月1日(火)15時48分
ジョシュア・キーティング

杞憂 プーチンがフィンランドへ侵攻するのは考えにくい RIA Novosti-Reuters

 ロシア空軍がフィンランド国境近くで軍事演習を行ったことが報じられる中、ウラジミール・プーチン大統領の元側近によるコメントが注目された。コメントは、プーチンがフィンランドを次の標的と定めているという恐怖心を煽るものだった。ロシア専門家らは米テレビ局で、この意見を直ちに否定して、ロシアがフィンランドに侵攻することは絶対にないだろうと語った。

 コメントをしたのは、プーチンの元経済顧問だったアンドレイ・イラリオノフ。イラリオノフは30日、スウェーデンの地元紙スベンスカ・ダグブラデットに、「プーチンの見方は、彼と彼の前任者たちに属していたものを守るというものだ」と語った。「属していたもの」の中にはフィンランドやバルト諸国が含まれる。イラリオノフは、1917年にフィンランドに独立を与えたことがプーチンの認識では「国家の利害に対する背信」行為だろうと語っている。英インディペンデント紙がこれを報じると、このコメントは急速に知れ渡った。

 だが覚えておく必要があるのは、イラリオノフが「プーチンの顧問」だったのはもはや10年ほど前のことだということ。05年に、ロシアは「もう民主的な国ではない」と言いながら怒り心頭のまま辞職し、現在はケイトー研究所に勤務している。言い換えれば、ロシア政府に恨みを持っており、プーチンの考えに直接接することはない。ロシアをG8から追い出すことについても、イラリオノフは06年からそうしたいと語ってきた。

 プーチンが自分の本音をイラリオノフに伝えることはまずないだろう。

関係が冷やかになるのは間違いない

 イラリオノフの警告は、直ちに起きる危険と言うより、将来的な脅威になりうるというものだ。フィンランドは「プーチンにとって今日明日の課題ではない」と、彼は語っている。それでも、「プーチンを止められないなら、この問題は遅かれ早かれ持ち上がるだろう」とも述べている。

ニュース速報

ワールド

香港行政長官、国安法は「陰鬱な将来」意味せず

ワールド

高い緊張感持って対応、自治体とも連携=都内の感染者

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者116

ワールド

TikTok含む中国アプリの禁止を検討─米国務長官

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 6

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 9

    「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 8

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月