最新記事

ユーロ圏

お笑い芸人の躍進でイタリアは再選挙へ?

イタリア人が総選挙で勝たせたのは「壊し屋」だった

2013年3月21日(木)13時07分
ポール・エイムズ

矛盾の人 左派と右派のポピュリストを混ぜたようなグリッロ Giorgio Perottino-Reuters

 先月のイタリア総選挙では、いつもと代わり映えのしないテレビ討論会が繰り広げられた。パリッとしたスーツ姿の男性候補者2、3人が国債利回りや労働市場の自由化について質問を受ける。短いスカートをはいた美しい女性は司会者、さもなければ紅一点の討論参加者だ。

 新政党「五つ星運動」を率いるベッペ・グリッロはそんなテレビスタジオには近づかなかった。代わりに毒舌ブログやツイッターを駆使し、キャンピングカーで全国を回って人々に直訴。銀行や多国籍企業、既成政党やエリート層を激しく攻撃した。

 結局、大衆の心をつかんだ五つ星運動は大躍進。下院で単独第1党となり、上院で4分の1近い得票を得た。下院で過半数を占めたピエルルイジ・ベルサニ率いる中道左派連合も上院では過半数に達せず、グリッロか、ベルルスコーニ前首相の中道右派連合と手を組む必要がある。

 政界のキングメーカーとなって大喜びのグリッロは接近を試みるベルサニを嘲笑し、連立話も拒否。連立協議が難航するなか、再選挙の可能性も出ている。
イタリアは政治腐敗の一掃と景気回復を必要としている。公的債務の対GDP比は127%と世界有数で、成長率はジンバブエやハイチを下回る世界最低レベル。しかし、経済はグリッロの得意分野ではなさそうだ。選挙綱領では「国民給与」の名目での現金配布、評判の悪い税金の廃止などをうたったが、財源については曖昧なままだ。

 彼の支持者の多くは、左派の反グローバル主義者。だがグリッロは選挙戦で、現状に不満を抱くネオファシズムの若者の取り込みにも力を入れた。「彼の政策には、極左と右派ポピュリストの要素が入っている。奇妙な組み合わせだ」と、ヨーロッパ外交評議会の客員研究員のマッティア・トアルドは言う。

 本人も矛盾に満ちている。特権階級にかみつきながら、環境保護派の票が離れそうになるまで愛車はフェラーリだった。犯罪歴のある人物が議員になれないようにする法改正を約束するが、自分も自動車の死亡事故を起こしたことがある(そのため今回は立候補しなかった)。

 そんなグリッロがイタリア政治を麻痺させることがあれば、世界第8位の経済大国がギリシャのように破綻する危険もある。そうなればユーロ圏ばかりか世界経済もイタリア有権者の選択に泣かされることになる。

[2013年3月19日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

仏大統領、24年ぶりドイツ国賓訪問 「欧州は重要な

ワールド

バングラとインドにサイクロン上陸、数百万人に停電被

ビジネス

英金融・専門サービス部門、上位所得者の女性比率がコ

ワールド

北朝鮮、衛星打ち上げを日本の海保に通告 6月4日午
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中