最新記事

中国社会

病院という名の強制収容所

厄介者を精神科病院に拘禁できる制度が金と権力を持つ政府や企業に乱用されている

2012年10月3日(水)15時55分
ポール・ムーニー(北京)

抗議行動 体をテープで拘束するパフォーマンスで強制入院に抗議する元患者 Equality and Justice Initiative

 中国の著名な人権派弁護士・金光鴻(チン・コアンホン)は昨年4月、北京の通りを歩いていたときに数人の男たちに拉致された。公安警察とみられる男たちは金の頭に黒いフードをかぶせて車の後部座席に押し込むと、精神科病院へ連行した。病院で金は医師に拘束され、無理やり薬を飲まされ、何か分からないものを注射された。

 金はそれから10日ほどたって解放されたが、自分の身に起きた恐ろしい体験についてはよく覚えていない。

 中国では毎年、この種の事件が数え切れないほど発生しているようだ。人権擁護団体の中国人権守護者(CHRD)が先日公表した新しい報告書「最も暗い闇──中国の精神障害者に対する強制入院措置の乱用」によれば、中国の精神科病院には精神的な疾患があるようには見えない多数の人々が自分の意思に反して拘禁されている。

 報告書は、こうした施設のおぞましい実態と人権侵害を告発する内容だ。患者たちが法的保護や救済を得られる望みはほとんどない。彼らには自分自身の治療や入院、退院といった決定に関わる権利すら与えられず、多くは強制的な治療や暴力、電気ショックのような虐待行為の犠牲になっている。 

 例えば薬物治療を拒否したため、電気ショック療法を受けさせられたと語る程天富(チョン・ティエンフー)のケース。「電気針をこめかみの両側に装着された。医師は電気を通すと、スイッチをひねって電圧を上げながら怒鳴った。『おまえが薬物治療を拒否したんだからな!』。その瞬間、頭が破裂しそうな衝撃を感じた」

 中国が08年に批准した障害者権利条約は、「障害者は生活のあらゆる側面において他の者と平等に法的能力を享有する」と定めている。だがCHRDの報告書によれば、中国では心理社会的な障害のある人が強制入院させられた場合、患者の意思や異議申し立ては無視されるケースが目につく。病院の職員は患者を連れてきた家族や雇用主、警察などの当局者を「保護者」と見なし、彼らに入院と退院を決める権限を与える。


政治的迫害の道具として

 ある推計によると、中国では毎年約80万人が精神科病院に入院する。だが中国疾病対策予防センターの当局者は、保護者の指定に関する正式な法的手続きを経ていない患者が99%以上を占めていると語る。

 さらにCHRDの報告書は、精神科病院における現行の拘禁制度は深刻な人権侵害につながりやすいと指摘する。「精神科病院を脅したり買収する手段、つまり権力と金を持つ人間は、誰かを罰し、沈黙させ、排除する目的で病院に閉じ込めても罰を受けることはない」

「病院側には、強大な権力を持つ政府当局に強制されたという感覚がある。それに患者を拘禁することで金銭を受け取れる」と、CHRDの調査研究コーディネーターを務める王松蓮(ワン・ソンリエン)は言う。「看護師が患者に向かって、『あなたが病気ではないことは分かっているけれど、ここに入れておかなくちゃいけないの』と言ったケースもある」

関連ワード

ニュース速報

ワールド

大規模爆発のレバノン首都、反政府デモで100人以上

ビジネス

アングル:韓国サムスン、インド市場で巻き返し 反中

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」のリアル

  • 3

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 4

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 5

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 6

    脱北者、北に逃げる。物語で描かれないその素顔

  • 7

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    「消費減税に安倍首相も関心、税率ゼロ%の方が対応容…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月