最新記事

エリート教育

中国共産党の俊英はハーバードで育つ

高官の子供から現職官僚まで専制国家の「金の卵」が欧米の一流大学で学ぶ理由

2012年7月6日(金)14時17分
ウィリアム・ドブソン(スレート誌政治・外交担当)

晴れの日 失脚した薄熙来の息子、瓜瓜は5月末にハーバード大学ケネディ政治学大学院を卒業 Brian Snyder-Reuters

 中国の次期最高指導部入りが確実とみられていた重慶市トップの薄熙来(ボー・シーライ)がこの春に失脚すると、波紋は海を越えて、アメリカ東部のハーバード大学のキャンパスにも及んだ。

 中国共産党のスキャンダルと、アメリカの一流大学の間に何の関係があるのか。薄の息子、簿瓜瓜(ボー・クワクワ)がハーバード大学のケネディ政治学大学院に留学していたのだ。父親の失脚後は授業に出てこなくなり、アパートも引き払ったと報じられたが、5月24日の卒業式には姿を現し、卒業証書を受け取った。

 この一件を機に、アメリカの一流大学で学ぶ中国共産党幹部の子供や孫の存在に注目が集まっている。薄瓜瓜は珍しいケースではない。

 秋に中国の最高指導者に就く見通しの習近平(シー・チンピン)国家副主席の娘は、現在ハーバードの学部生だ。過去に中国共産党トップを務めた趙紫陽(チャオ・ツーヤン)と江沢民(チアン・ツォーミン)にも、ハーバードで学んだ孫がいる。最高指導部の1人である賈慶林(チア・チンリン)の孫娘は、スタンフォード大学に留学中だ。
 
 ワシントン・ポスト紙が最近報じたところによれば、中国共産党の最高意思決定機関である中央政治局常務委員会のメンバー9人のうち、賈も含めて少なくとも5人に、アメリカ留学中もしくは留学経験のある子供か孫がいるという。

 もっとも、ハーバードをはじめとするアメリカの一流大学で学んでいる中国人の中には、共産党幹部の子供や孫よりはるかに重要な人物もいる。党幹部や官僚自身だ。

 10年余り前、中国共産党は野心的な人材育成プログラムに乗り出し、厳選したエリートを国外の有力大学に派遣して研修を受けさせ始めた。複雑さを増す世界で共産党の専制支配を維持するための訓練を積ませ、必要な技能と専門知識を身に付けさせることが目的だ。

 最初に研修生を送り込んだ先はハーバード大学。その後は、スタンフォード大学やオックスフォード大学、ケンブリッジ大学、東京大学などにも対象を拡大した。

 既に4000人以上派遣1年ほど前、私はこの研修プログラムを統括する中国発展研究基金会の盧邁(ルー・マイ)事務総長に話を聞いた。「これまでに派遣した研修生は4000人を超す。これほどの規模で海外研修を行っている政府はほかにないだろう」と、盧は胸を張った。

 ハーバードでは、ケネディ政治学大学院アッシュセンターに設けられた8週間の特設プログラムで、リーダーシップや行政学などをケーススタディー方式で学ぶ。ロジャー・ポーターやジョセフ・ナイといったハーバードの看板教授たちの講義も受けられる。

 8週間コース以外に、危機管理を集中的に学ぶコースや、上海市政府用に準備されたコースなどの専門プログラムもある。この夏には、国有送電会社「中国南方電網(CSG)」の幹部向けにエネルギー関連のプログラムも新設される。

 中国のエリートたちにとって研修プログラムへの参加は狭き門だ。共産党の人事を一手に取り仕切る共産党中央組織部の選考を突破しなくてはならない。選ばれる人材は実に多岐にわたる。市政府の官僚もいれば、市長や省長もいるし、中央政府の副大臣もいる。

 盧によれば、ハーバード留学を経験した人物の半分以上は早い時期に昇進する。「研修の成果なのか、優秀な人材を選考して派遣しているからなのかは何とも言えないが、研修の成果だと思いたい」

 ハーバードに派遣されて研修を受けた経験者の中には、中国初の投資銀行である中国国際金融(CICC)の李剣閣(リー・チェンコー)会長、陝西省の趙正永(チャオ・チョンヨン)省長、中央政府の陳徳銘(チェン・トーミン)商務相など、そうそうたる面々が含まれる。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

デンソー、トヨタ紡織や豊田通商など8社の保有株全て

ビジネス

午後3時のドルは158円前半、2カ月ぶり高値圏で底

ワールド

無所属ケネディ氏、27日討論会は不参加の見込み 資

ワールド

中国南部で豪雨続く、河川増水でさらなる洪水の恐れ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 7

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 8

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中