最新記事

イエメン

アウラキ暗殺でも脅威はなくならない

オバマ政権はアルカイダ幹部の殺害を自画自賛したが、反米の源泉の絶望はなくならない

2011年11月15日(火)14時36分
ウィル・オリマス

扇動者 アウラキは欧米の若いイスラム教徒に過激思想を吹き込んだ Reuters

 先週、CIA(米中央情報局)の無人機による攻撃で、イエメンに潜むアルカイダ系のイスラム武装勢力「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」の幹部アンワル・アル・アウラキが殺害された。

 これで、アメリカにとって危険な男が1人減ったことになる。だがイエメンに安定が訪れるわけではないし、アメリカが今より安全になるわけでもない。

 アウラキはニューメキシコ州生まれのアメリカ人。コロラド州立大学に学び、国内のモスクで説教するうちに、どんどん過激になっていった。典型的な「米国産」の聖戦士だ。

 04年にイエメンに移ってからも、米国内のイスラム過激派に強い影響を与えてきた。09年にテキサス州の陸軍基地で銃を乱射し、13人を殺したニダル・マリク・ハサンも、昨年5月にニューヨークのタイムズスクエアで爆弾テロを起こそうとした男も、アウラキと接触があった。

 アウラキについては、「殺すほどの価値なし」とする意見もあった。アルカイダ系の組織内で特に重要な地位にあるわけではなく、現地イエメンでの知名度も低いからだ。

 しかし現地での地位や影響力はさておき、アウラキはアメリカにとって大きな脅威だった。彼は思想的な指導者でもテロ活動の首謀者でもなかったが、欧米の若いイスラム教徒たちに過激思想を吹き込む上では最も雄弁な男の1人だった。

 一方には、アウラキ殺害がアメリカへの脅威を増すという議論もある。イエメン人の反米感情が悪化し、アルカイダ工作員に志願する者が増えるだろう、というのが理由だ。だが、その心配はない。アウラキはもともと、イエメンでは無名の存在。もしも自爆テロ志願者が増えるとすれば、理由は別にある。

 人口過剰や貧困、部族間の対立、深刻な水不足など、イエメンには若者を絶望させる理由がたくさんある。「アラブの春」の余波でいったんは国外に脱出した独裁者サレハ大統領も、先頃帰国を強行した。国内は依然、一触即発の危機的状況だ。

 イエメンの抱える病は慢性的なものだ。アウラキ殺害は、その病から派生した小さな症状を1つ取り除いたにすぎない。米オバマ政権はアウラキ殺害で「アルカイダに大きな打撃」を与えたと自画自賛しているが、イエメンの慢性的な危機が続く限り、絶望が反米に転じる悪循環は断ち切れない。

© 2011 WashingtonPost.Newsweek Interactive Co. LLC

[2011年10月12日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆

ワールド

日米の防空ミサイル増産協力、ボーイングの部品供給が
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中