最新記事

アメリカ社会

「奴隷のシャチ」解放訴訟の法的根拠

毛皮反対運動で知られる動物愛護団体が、今度はシーワールドで飼われているシャチの解放に立ち上がった

2011年10月28日(金)15時50分
サマンサ・スタインバーン

尊厳を奪われて 海で捕獲され調教され曲芸を強制されるのは憲法が禁じた奴隷? Mathieu Belanger-Reuters

 米動物保護団体のPETA(動物の倫理的待遇を求める人々の会)が、「奴隷を囲っている」としてシーワールドを訴えた。ロサンゼルス・タイムズ紙によれば、「奴隷」とは5頭のシャチのこと。カリフォルニア州サンディエゴとフロリダ州オーランドのシーワールドで飼われているものだ。

 PETAが、カリフォルニア南地区連邦地裁に提訴したのは10月26日。サンディエゴで飼われている3頭のシャチと、オーランドの2頭を解放するよう求めている。うち1頭は、昨年2月に観客の目の前で女性調教師を襲って死亡させた「ティリカム」。5.4トンの雄シャチだ。

 今回の訴訟は奴隷制を公式に廃止し、自発的でない隷属を禁じた合衆国憲法修正第13条に基づいており、その条項は対象を「人間」とも、どんな身分の者とも限っていないというのがPETAの主張だ。「奴隷は奴隷。その性別や人種、宗教は関係ないのと同様に、種の区別もない」と、PETAの弁護士であるジェフリー・カーは声明で述べた。

 これは、動物にも憲法上の権利があると連邦裁判所に訴える初の訴訟だと思う、とカーはAP通信に語っている。

「5頭はすべて海で暴力的に捕獲され、赤ちゃんの頃に家族から引き離された」と、PETAのイングリッド・ニューカーク会長は指摘。「彼らは自由も、本来持つべき大切なものもすべて奪われ、狭いコンクリートの水槽に閉じ込められ、ばかげた曲芸をさせられている」

 シーワールド側は、訴訟は売名行為に過ぎないと断言。その声明で、シャチに憲法上の権利があるという主張は「根拠がなく、いろいろな意味で失礼なものだ」との見解を示した。

 AP通信は次のように報じている。


 今回の裁判に関与していない法律専門家によれば、訴訟が成功する可能性は低い。修正第13条起草者の本来の意図に従う裁判官なら、動物の権利を守ろうとは思わないだろう。しかしPETAは「世論という法廷」を巻き込むことを非常に好む。それは彼らが行ってきた挑発的な毛皮反対キャンペーンや、完全菜食主義の普及キャンペーンを見ればよく分かる。


GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ

ビジネス

決算本格化へ、23日はテスラとアルファベット=今週

ワールド

アングル:気候変動と農地拡大、アマゾン地域に迫る「
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…
  • 9
    世界で最も美しいAIが決定...初代「ミスAI」はモロッ…
  • 10
    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中