最新記事

独占インタビュー

IMFセックス疑惑のメイドが独占激白
【第2回】「私は嘘などついていない」

IMF前専務理事ストロスカーンを性的暴行容疑で訴えた客室係が本誌だけに語った事件の一部始終

2011年7月27日(水)19時02分
クリストファー・ディッキー、ジョン・ソロモン

 スイートルームから走り出たディアロは、廊下の先を曲がって清掃用具置き場近くに身を隠し、気持ちを落ち着かせようとした。「立ちつくしながら、唾を吐き続けた。一人ぼっちで、とても怖かった」

 やがて2806号室から男も出てきて、エレベーターの方へ歩いて行くのが見えた。「あんなに早く服を着られるなんて。ちゃんと鞄も持っていた」とディアロは語った。

「彼は、こんな感じで私の方を見た」。ディアロは頭を斜めにして、まっすぐ先を見つめるようなしぐさをした。「彼は何も言わなかった」

 事件の始まりから終わりまで、時間にして15分もかからなかった。あるいはもっと短かったかもしれない。ストロスカーンの通話記録を把握しているある人物によれば、ディアロが2806号室に入ってから9分後、ストロスカーンは自分の娘に電話を掛けている。

 2820号室に客室清掃用の道具を置いたままだったディアロは、後にそれを取りに行き、再びストロスカーンの部屋へ戻った。ついさっき自分が襲われた現場だというのに。動揺しながらも、いつも通りの行動を取ることで平静を取り戻そうとしたのかもしれない。

「私は部屋に戻った。掃除しないといけなかったから」と、彼女は説明した。それでも、どこからどう掃除すればいいのか、頭が働かなかった。「私はとても、とても・・・・・・。もう、どうしていいか分からなかった」

 ディアロの証言の信憑性に疑念を抱き始めた検事たちは、一連の出来事が起きた順序を問題にした。彼らの話によると、ディアロは大陪審に対して当初、襲われた後は廊下に隠れていたと言っていたのに、後に話を変えて、襲われた後に2820号室へ戻って掃除をし、さらにストロスカーンの部屋も掃除したと言い出した。

 これに対して、ディアロは証言を変えたりしていないと主張。ホテルの部屋への出入り記録は、彼女が本誌に語った話を裏付けている。

大統領選前の最後の乱交

 ディアロが語る事件の詳細の多くは、事件の5時間後に病院の医師が彼女を診察した際に作成したカルテと一致する。例えば、彼女がストロスカーンにつかまれたと主張する膣の周辺部分については、カルテに「赤くなっていた」と記されている。カルテには「左肩に痛みを感じる」とも書かれているが、数週間後にもう1度診察を受けたところ、靭帯の一部が切れていたとディアロは語っている。

 ストロスカーンの弁護人らがディアロのカルテと主張の矛盾点を挙げるとすれば、ストロスカーンが服を着て部屋を出たこと、そして「事件の間、彼女に何も言わなかった」という点だ。ディアロは警察に対しても本誌に対しても、襲われた最中にストロスカーンが発した言葉を複数語っている。検察側が起訴を取り下げずに訴訟が始まれば、ストロスカーンの弁護人たちは彼女の記憶をめぐる矛盾点や自分の過去を偽っている疑惑、事件後に電話をかけた獄中の男など怪しげな男たちとの関係などをやり玉にあげるだろう。

 ディアロは廊下に身を潜めていた時に、見回りに来た上司に出くわした。上司はディアロが動揺しているのを見て、何かあったのか尋ねた。「もし仕事の最中に誰かに犯されそうになったらどうする?」とディアロは彼女に聞いた。部屋で襲われたことを話すと上司は怒りを露にして、「あの客は確かにVIPだけど、そんなことどうだっていい」と言ったという。

 やがてもう1人の上司がやって来て、その後にホテルの男性警備員2人が来た。警備員の1人はディアロにこう言ったという。「自分だったら警察に電話するね」。ディアロが1人目の上司に事件について語ってから約1時間後の午後1時半ごろ、ホテルは警察に連絡した。

 検察側は、事件の前夜にストロスカーンからセクハラを受けたというホテルの案内係の女性を突き止めている。さらに、午前1時26分にストロスカーンと同じエレベーターに乗り込んだブロンドのアメリカ人女性も特定した。キャリアウーマン風の彼女は、ストロスカーンと合意の上の関係にあったようだ。フランスの週刊誌ルポワンの報道によれば、ストロスカーンは妻アン・シンクレアに対して、事件の前日と当日に3人の女性とセックスをしたことを認め、「大統領選を始める前の最後の一杯」だと語ったという。

【第1回】「男は私に襲いかかった」
【第3回】発情したチンパンジー

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で

ワールド

焦点:ロシアに今も溢れるナイキやレゴ、背後にグレー

ビジネス

NY外為市場=ドル/円8週間ぶり高値、米PMI受け

ワールド

イスラエル、ガザ全域で攻勢 45人死亡 ラファ攻撃
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影にジンバブエのリチウム鉱山開発ブーム、現地でいま何が?

  • 4

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 8

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 9

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 10

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中