最新記事

エネルギー

ドイツによみがえる「反原発」魂の正体

原子炉全廃に向けて突き進むエコ国家の猛烈な「原発アレルギー」の理由とは

2011年6月13日(月)10時45分
シュテファン・タイル(ベルリン支局)

国民性の表れ? ドイツでは80年代から反核運動が根強く行われてきた(ベルリン、2011年3月26日) Thomas Peter-Reuters

 世界で原子力発電への認識が揺らぐなか、あくまでも原発にノーと言い続ける国がある。ドイツだ。

 2002年、ドイツは「脱原発法」を制定。この法律に基づいて、21年までに国内の原子炉をすべて閉鎖することになっている。05年に就任したアンゲラ・メルケル首相も、この法律を廃止するつもりはないと約束している。「原子力発電は前世紀のテクノロジー」だと、ジグマル・ガブリエル環境相は言う。

 脱原発は容易な道ではない。現在ドイツは、総発電量の28%を原子力に依存している。原発を廃止すれば、最近強硬な姿勢を強めているロシアからのエネルギー輸入にますます依存せざるをえなくなる。

 ほかの国々では、環境保護派の間でも温室効果ガスを排出しない原子力発電に前向きな人が少なくない。テクノロジーの進歩によって、チェルノブイリのような炉心溶融事故の起きる危険性が大幅に減ったことも追い風になった。

原点は80年代の反核運動

 それでも、ドイツ国民の信念は揺るがない。「論理的な主張でも耳を貸してもらえない」と、原子力発電業界のロビイスト、クリスチャン・ウォズマンは言う。

 かつてこの国が原子力先進国だったのが嘘のようだ。ドイツ政府は、原子力研究への助成金の拠出をほぼ停止。エレクトロニクス大手のシーメンスの原子力部門は、フランスのアレバ社の傘下に移管された。130億ドルを投じて建設される国際熱核融合実験炉(ITER)は、プロジェクト発祥の国であるドイツではなく、フランスにつくられることになった。

 なぜ、それほどまで反原発感情が強いのか。40〜50代のドイツ人の多くにとって、80年代の反核デモはいわば大人への通過儀礼だった。ヨーロッパ最強の環境政党であるドイツの「緑の党」の結党の土台になったのも、反核運動だった。その緑の党に票をごっそり奪われた社会民主党(SPD)も、かなり前から原発廃止を主張している。

環境汚染へのすさまじい恐怖心

 ドイツ世論調査研究所の最近の調査によれば、今や国民の62%が脱原発法の存続ないし強化を望んでいる。保守政党のキリスト教民主同盟(CDU)も、原発業界寄りの姿勢を修正しはじめた。

 環境保護意識の強いほかのヨーロッパの国と比べても、ドイツの原発嫌いは際立っている。スイスは、原発建設の凍結措置を国民投票で否決。ベルギーとスウェーデンは、ドイツ型の原発廃止法を見直しはじめている。

 80年代に騒がれた「森林の死」に始まり、最近の電磁波やマイクロダスト(非常に細かいちり)にいたるまで、環境汚染による健康被害に強い恐怖をいだくのは、ドイツの国民性なのかもしれない。心理学者によれば、とくに若い世代には、環境汚染を恐れるあまり、片頭痛や鬱症状に襲われる人も少なくないという。

 すさまじい恐怖心。ドイツの原発業界にとって、巻き返しは容易ではない。

[2007年1月 3日号掲載]

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支の安定度低下へ

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「レッドブルを飲んだのに翼が生えない」あなた、代…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 5

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 6

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月