最新記事

人権

遂に「鳥の巣」作者まで拘束した中国政府

経済・外交で重要性が増し人権は二の次になったのを幸いに、中国はゲームのルールを変えようとしている

2011年4月6日(水)17時58分
キャスリーン・マクラフリン

自由の象徴 艾の上海のスタジオが政府に取り壊されたことへの抗議活動で掲げられた彼のポスター(昨年11月) Carlos Barria-Reuters

 国際的に有名な中国の現代アーティスト艾未未(アイ・ウェイウェイ)が北京空港で拘束されてから3日が経った。欧米各国の政府は、艾の釈放と反体制派の法律に基づかない身柄拘束をやめるよう中国政府に求めている。

 艾の関係者によると、3日午前に北京空港の税関で身柄を拘束されてから、艾本人と連絡が取れないという。艾は台湾での展覧会の準備のため出国しようとしていたところだった。艾は最近、ドイツの新聞に中国では反体制派の発言に対する取り締まりが厳しくなり、自由に活動できなくなってきているのでベルリンに新しいスタジオを建設する予定だ、と語っていた。

 艾の拘束から数時間も経たないうちに、警察は北京市北部にある艾のスタジオを捜索し、助手たちを拘束。パソコンを押収し、付近一帯を立ち入り禁止にした。

反体制派の弾圧が中国全土に広がっている

 このところ中国では政権に批判的な人々が逮捕・拘束されたり、行方不明になるケースが続いている。艾の拘束はその最新の事例に過ぎない。中国の公安当局は「ジャスミン革命」の呼び掛けへの対応に追われ、中東や北アフリカで起きた市民の反政府デモや暴動に神経を尖らせている。

 香港の人権擁護団体「中国人権守護者」は、ここ数週間の「身柄拘束・行方不明者マップ」を公表した。これを見れば状況がどれだけひどいかがよくわかる。

 積極的に発言するだけでなく、ソーシャルメディアの熱心なユーザーでもあった艾は、ツイッターを通じて自由な発言を求める人々が弾圧されていることを記録にとどめてきた。艾は口を封じられた最初の人物ではないが、国際的な知名度は最も高い。数え切れないほど雑誌や新聞に取り上げられ、世界中で視聴されるテレビ番組にも登場してきた。

 艾の芸術作品は世界中で展示されてるが、中でも有名なのがデザインに参加した08年北京オリンピックのメーンスタジアム「鳥の巣」だ(ただし中国の指導体制への不満から、彼は今ではこの作品に距離を置いている)。艾の逮捕で国際的な非難を受けた中国政府は、どこまで反体制派弾圧を続けるのだろうか。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米ボーイング司法取引に最終合意、墜落事故で2.4億

ビジネス

ホンダ、中国苦戦で四輪生産能力削減へ ガソリン車中

ビジネス

中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き下げ

ワールド

情報BOX:米大統領選、ハリス氏対トランプ氏で中絶
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 9
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 10
    バイデン撤退で始動した「ハリス大統領」へのカウン…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中