最新記事

結婚

ついに恋愛結婚を受け入れた英王室

A Merrier Wife of a Windsor

ダイアナには許されなかった恋人付き合いを経てウィリアム王子と婚約したケイト・ミドルトンは、英王室初の現代型プリンセスになる

2010年11月17日(水)16時50分
ウィリアム・アンダーヒル(ロンドン支局長)

 彼女はカメラ映えし、過去にスキャンダルはなく、本格的な職歴もない。あの人との共通点はここまでだ。11月16日にイギリスのウィリアム王子との婚約が発表されたケイト・ミドルトンは、そのほかのほとんどすべての点において、かの若きロイヤルプリンセスとは異なっている。

 故ダイアナ元妃とチャールズ皇太子の1981年の結婚がイギリス王室の結婚の「正統」に回帰するものだとするならば、今回のケイトのケースはまさに21世紀型といえるかもしれない。

 ダイアナとケイトは、その出自と家柄からして違う。確かにケイトは上流階級の寄宿学校で学び、両親はイギリスの田舎に立派な家を所有している。だが彼女は貴族などではない。

 ダイアナ元妃は伯爵家の大邸宅で生まれ育ち、イギリス全土のほぼすべての貴族と血縁関係を持つような血統の持ち主。対するケイトの母は航空会社の元客室乗務員で、父は玩具やゲームの通信販売業で財を成した実業家だ(現在、ケイトはこの事業を手伝ってもいる)。

 大学教育を受けている点も異なる。現在28歳のケイトは、英国王室初となる、学位を持つ王妃になりそうだ。彼女が通ったのはスコットランドのセントアンドリュース大学。豊かでそれほど学業優秀ではないイギリス人に人気の学校だ。彼女はここでウィリアムと出会った(慈善ファッションショーのモデルになってセクシーなネグリジェ姿を披露した彼女に、ウィリアムが一目ぼれしたという)。

 対照的にダイアナは、女子にとって大学教育はさして重要ではない、と考える上流階級の最後の世代に属していた。自らの身分と時代の流れに従い、ダイアナはケイトよりも正統派の道を歩んだ。ロンドンに数年間滞在し、上流家庭向けの保育園で保育士として働き、それから結婚したのだ。

古い慣習と対立し続けた王族の恋愛問題

 だがケイトがダイアナと何より異なっているのは、王子と本質的な「恋人付き合い」をしていたことだろう。王位継承者に嫁いできたこれまでのすべての女性たちと同じく、ダイアナもまた過去の恋愛歴などないままに結婚した。明確な方針が語られることはなかったものの、当時の英王室はまだ、王位継承者の妻には過去に男性と付き合ったことのない処女を迎えたいと考えていた。

 そんな過去ももう歴史の遺物だ。これまでの例から考えればずっと幸運なことに、ケイト・ミドルトンはウィリアムと普通の恋愛関係をはぐくんできた。大学時代には他の友人も交え、アパートの同じ屋根の下で共同生活を経験。それ以来ケイトは、王家に嫁ぐ女性という立場からすれば十分すぎるほど、普通のカップルに近い付き合いを楽しんできた。

ニュース速報

ワールド

アングル:イタリア総選挙、甘い公約に潜む「債務の時

ビジネス

アングル:米株の波乱「まだ終わらない」、古参投資家

ビジネス

アングル:米株市場、長期金利への反応に変化 一部に

ワールド

焦点:足元の原油安、底打ちはいつか

MAGAZINE

特集:AI 新局面

2018-2・20号(2/14発売)

仕事を奪うとばかり恐れられてきた人工知能AIが新たにつくり出す可能性と、それでも残る脅威

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ウイグル「絶望」収容所──中国共産党のウイグル人大量収監が始まった

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 5

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 6

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 7

    フロリダ州銃乱射、悪いのは銃かメンタルか

  • 8

    北朝鮮の飢きんが生んだ「人造肉」 闇市と人民の工…

  • 9

    宇宙に打ち上げられたイーロン・マスクのテスラが地…

  • 10

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 6

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 7

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 8

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 9

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 10

    日本で中小企業が激減している根本的な理由は何か?

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月