最新記事

オリンピック

ロシアはソチ五輪でも惨敗する

バンクーバーでの国辱的大敗は戦争に負けたぐらいの一大事。メドベージェフ大統領は責任者の大量解任を命じたが、それでも問題は解決しない

2010年3月4日(木)18時12分
オーエン・マシューズ(モスクワ支局長)、アンナ・ネムツォーワ (モスクワ支局)

落日の象徴 銅メダルに終わったアイスダンスのドムニナ、シャバリン組 Lucy Nicholson-Reuters

 先日閉幕したバンクーバー冬季五輪において、ロシア勢の成績はひどいの一言では片付けられないものだった。

 ロシアにとってアイスホッケーは一種の戦争であり、フィギュアスケートはトルストイやドストエフスキーに並ぶ文化的な宝。そんな「スポーツ大国」にとって、今回の事態は国を揺るがす一大事だった。次回14年の大会はロシアのソチで行なわれることを考えればなおさらだ。

 ロシア政府がウィンタースポーツをどれほど重視しているかは、情けない獲得メダル数(金3つ、銀と銅が合わせて12)に対するドミトリー・メドベージェフ大統領の怒りを見ればよく分かる。

 メドベージェフは改革派と呼ばれることもあるが、それ以前に元官僚だ。そして彼は、今回のロシアの惨憺たる成績の責任は自分と同じ官僚たちにあると考えた。

「今回の準備の責任を負っている個々人、もしくはその一部は、勇気ある決断をして辞意を表明すべきだ。決断力を見せられないなら、こちらが手を貸してもいい」

 この10年、ロシアはさまざまな災難に見舞われてきた。潜水艦の沈没事故にモスクワの劇場占拠事件など......。だが大統領が高官の大量解任を命じるのは異例だ。

 とはいえこれで一段落と思ったら大間違いだ。真の問題は責任者は誰かということだけではない。この点をロシア政府が理解できない限り、ソチ五輪はバンクーバーの二の舞になる。

コーチの国外流出が止まらない

 まず大きな問題としては、トップレベルのコーチたちの国外流出が続いていることが挙げられる。

「ソ連時代のスポーツ制度が崩壊して以降、新たなスター選手を育て上げる時間が足りなくなった」と語るのはシャミル・タルピシェフ。国際オリンピック委員会(IOC)委員で、生前のボリス・エリツィン元大統領のテニスコーチを務めたこともある人物だ。

 外国との行き来が自由になり、国のスポーツ制度が解体されたことを背景に、コーチがカネで動く風潮が生まれた。

「(かつての育成制度の代わりに)どのように新しいものを築き上げるかについて、まともなアイデアは出ていない。わが国の最も優れたウィンタースポーツの指導者たちはロシアを去り、外国のチームを教えている」とタルピシェフは言う。

「彼らに払われる報酬も敬意も(外国のほうが)比べものにならないくらい高い。ロシアに残っているのは、テレビ番組で映画スターに氷の上での踊り方を教えているコーチくらいだ」

 いい例がロシア出身のアイスダンスのコーチ、マリナ・ズエワだ。今大会、彼女が指導したカナダのテッサ・バーチュー、スコット・モイヤー組は金メダルを獲得。アメリカのメリル・デービス、チャーリー・ホワイト組は銀メダルを獲得した。

強化費の使い方も「勘違い」

 91年に国を離れたズエワ以外にも、欧米諸国で活躍している旧ソ連の元スター選手は数多い。同じくアイスダンスのナタリア・リニチュクとゲンナジー・カルポノソフは、アメリカ代表のタニス・ベルビン、ベンジャミン・アゴスト組のコーチを務めた。

 ロシア人コーチは「心も魂も、持っているものすべてをわれわれに与えてくれる」とアゴストはバンクーバーで記者団に語った。「彼らがいなかったら我々はここまで来られなかった」

 有能なコーチの不在は、ロシア側もひしひしと感じている。アイスダンスのロシア代表、オクサナ・ドムニナ、マキシム・シャバリン組は銅メダルに終わった。「コーチたちをロシアに呼び戻す必要があると思う」とシャバリンは嘆いた。

 コーチだけでなく選手の国外流出も起きている。トップクラスの選手たちが続々と国籍を変更しているのだ。

ニュース速報

ワールド

米のコロナ感染者、9日は6万0565人増で連日の最

ワールド

コロナ打撃の企業、「株式のような」支援を=IMF首

ビジネス

前場の日経平均は反落、ファーストリテは2%超安

ワールド

医療体制の逼迫、病床稼働や重症者状況などで総合判断

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

  • 3

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 8

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 9

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 10

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月