最新記事

ビューティ

終活支度はシモから始める? VIO脱毛のすすめ

2018年6月14日(木)18時05分
有元えり

アンダーヘア処理の利点は見た目だけではない Valentinrussanov-iStock

<シニア層で踏み切る人が増えているVIO脱毛。おしゃれだけじゃない、そのリアルな実用性に迫る>

海外、特にアメリカではセレブだけでなく、一般人にとっても常識のお手入れになっているのがVIO脱毛。アルファベットの形状そのままに、「V」はビキニライン、「I」は性器周辺、「O」は肛門周りを表している。アンダーヘアを処理することで、露出度の高い水着も堂々と着こなせるようになるが、利点は見た目だけではない。健康面でのメリットを理由に、若年層だけでなく、中高年が脱毛サロンに駆け込むケースも目立っている。

ムレを軽減。性器周りの乾燥もコントロールが容易に

VIO脱毛による利点は、何より衛生的であることが挙げられる。デリケートゾーンのムレが軽減されるという話はよく耳にするだろう。拭き残しや、残留物が毛に絡むといったことがなくなると、下着の汚れや臭いも大幅に軽減。将来の介護生活を見据えて、下のお世話をしてもらいやすいようにと、シニア層でVIO脱毛に踏み切る人が昨今増えているという。

さらに女性は、加齢とともに性器周辺の肌も乾燥が進む。かゆみの原因が、真菌や細菌によるものでないならば、乾燥を疑うべきだろう。その場合、保湿するにも毛が絡まるようだとケアはしづらく、そのほとんどが下着に吸収されてしまうといった難点がある。

全剃りではなく、「V」ラインにデザインを残す

ただし、脱毛する際にはそのデザインに注意が必要だ。実際、VIO脱毛とひと言で言っても、さまざまな形状がある。分別のある大人なら、「V」は毛並みを揃える程度で「I」と「O」周りを除去するナチュラルなタイプか、性器の周辺を細長のスクエア型にカットするなど、アンダーヘアを残したデザインを選ぶのが賢明だろう。

というのも、20代を中心に人気がある、全剃りの通称「ハイジニーナ」になると、逆にリスクが高まるからだ。ヴァネッサ・マッカイ博士は、陰毛は病原菌が膣に入るのを防ぐために不可欠だと指摘。天然のスポンジとして作用する陰毛は、デリケートゾーンの水分をコントロールすることで、カンジダなどの菌が発症するリスクを下げるという。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    中国の世界制覇を阻止するために日本がやるべきこと―…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月