最新記事

ビューティ

終活支度はシモから始める? VIO脱毛のすすめ

2018年6月14日(木)18時05分
有元えり

アンダーヘア処理の利点は見た目だけではない Valentinrussanov-iStock

<シニア層で踏み切る人が増えているVIO脱毛。おしゃれだけじゃない、そのリアルな実用性に迫る>

海外、特にアメリカではセレブだけでなく、一般人にとっても常識のお手入れになっているのがVIO脱毛。アルファベットの形状そのままに、「V」はビキニライン、「I」は性器周辺、「O」は肛門周りを表している。アンダーヘアを処理することで、露出度の高い水着も堂々と着こなせるようになるが、利点は見た目だけではない。健康面でのメリットを理由に、若年層だけでなく、中高年が脱毛サロンに駆け込むケースも目立っている。

ムレを軽減。性器周りの乾燥もコントロールが容易に

VIO脱毛による利点は、何より衛生的であることが挙げられる。デリケートゾーンのムレが軽減されるという話はよく耳にするだろう。拭き残しや、残留物が毛に絡むといったことがなくなると、下着の汚れや臭いも大幅に軽減。将来の介護生活を見据えて、下のお世話をしてもらいやすいようにと、シニア層でVIO脱毛に踏み切る人が昨今増えているという。

さらに女性は、加齢とともに性器周辺の肌も乾燥が進む。かゆみの原因が、真菌や細菌によるものでないならば、乾燥を疑うべきだろう。その場合、保湿するにも毛が絡まるようだとケアはしづらく、そのほとんどが下着に吸収されてしまうといった難点がある。

全剃りではなく、「V」ラインにデザインを残す

ただし、脱毛する際にはそのデザインに注意が必要だ。実際、VIO脱毛とひと言で言っても、さまざまな形状がある。分別のある大人なら、「V」は毛並みを揃える程度で「I」と「O」周りを除去するナチュラルなタイプか、性器の周辺を細長のスクエア型にカットするなど、アンダーヘアを残したデザインを選ぶのが賢明だろう。

というのも、20代を中心に人気がある、全剃りの通称「ハイジニーナ」になると、逆にリスクが高まるからだ。ヴァネッサ・マッカイ博士は、陰毛は病原菌が膣に入るのを防ぐために不可欠だと指摘。天然のスポンジとして作用する陰毛は、デリケートゾーンの水分をコントロールすることで、カンジダなどの菌が発症するリスクを下げるという。

ニュース速報

ワールド

再送-米国が新型ミサイル開発なら、同じ手段で応酬=

ワールド

イランの石油生産、サウジ・ロシアの生産で代替できな

ワールド

仏大統領、核廃棄条約の重要性をトランプ氏に強調

ワールド

独経済相、EU諸国にサウジへの武器輸出中止呼び掛け

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 6

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 7

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 10

    新世代の独裁者が跋扈する「アラブの冬」がやって来た

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月