最新記事

新刊

ヒラリーの見えない本音

回顧録『困難な選択』に危ない話が出てこないのは16年の大統領選出馬を意識しているからか

2014年8月4日(月)12時09分
ジョン・ディッカーソン

16年への選択 回顧録は、勤勉できちょうめんな人物像を描こうとしている Patrick Smith/Getty Images

 08年の米大統領選の民主党予備選で、ヒラリー・クリントンはバラク・オバマの外交上の危機管理能力を疑問視する露骨なTV広告をやった。電話が鳴り、ベッドですやすや眠る子供たちの映像が次々に出てくる。

「午前3時。子供たちは安らかに眠っています。あなたは誰にこの電話に出てほしいですか?」とナレーションが流れ、受話器を持つクリントンの姿が映し出される。当時は彼女もまだオバマと同じく、「赤電話」と呼ばれるロシア大統領からのホットラインに応えた経験はなかったのだから、この広告はちょっとずるかった。

 今の彼女なら、外交経験を積んでいる。先週出版されたばかりの回顧録『困難な選択(Hard Choices)』では、変化する世界でアメリカの外交を担う国務長官としての経験を600ページ以上にわたって詳述している。

 国務長官の緊急電話は実際は黄色だし、現実の外交は選挙広告のようにスリルに満ちたものではなく、我慢強く協力関係を築いていく作業だということも分かる(南シナ海での中国の領海侵犯に対して、各国の足並みをそろえる苦労がいい例だ)。

 それでも本の内容はあくまでも無難。ヒラリーが大統領選にいつ出馬しても、足を引っ張る心配のないことばかりだ。 

 彼女が世界を駆けずり回って苦労の多い仕事をこなしたことは伝わってくる。「些細なことがすぐ気に障る人だ」と書かれたロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、いつか彼女と首脳会談に臨むことがあればご機嫌斜めかもしれない。

 だが、失うもののない人間が遠慮なく書いた本とは違う。

 ロバート・ゲーツ元国防長官の回顧録『任務(Duty)』には、オバマ大統領に対する厳しい評価も出てくる。クリントンの本にはゴシップもないし(驚くことではないが)、安全保障政策の決断がどうなされたのかも明らかにされていない。

 うまく機能している外交政策チームにも対立はあるはずだし、ゲーツの本ではそれを率直に記したのがいいスパイスになっていた。一方、クリントンの回想録は塩分控えめ、カロリー控えめで、デザートはバニラ味のプディングという感じだ。

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 5

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 10

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月