最新記事

セキュリティー

ネット監視、本当の悪夢

米政府の通信情報収集問題で怖いのは、データがハッキングされて悪用される可能性だ

2013年8月5日(月)14時04分
ファハド・マンジュー(スレート誌テクノロジー担当)

どこへ? モスクワ近郊の空港で旅行者にスノーデンの写真を見せて話を聞く記者も(6月23日) Sergei Karpukhin-Reuters

 アメリカ政府によるネット監視を暴露した元CIA職員のエドワード・スノーデンは、今どこにいるのか。彼は、米国家安全保障局(NSA)のコンピューターからダウンロードしたデータを誰に渡したのか。そのデータを受け取った勢力は、それをどうするつもりなのか。

 これらの問いの答えは、現時点で分かっていないし、結局は分からずじまいかもしれない。しかしそれ以外の点について、これまでに明らかになってきた情報は極めて不吉なものだ。

 スノーデンは5月に米政府による通信情報収集を暴露した後、香港を経てモスクワ入りするまでに、ダウンロードしたデータを大量に複製し、多くの人たちに配布したことが分かっている。英ガーディアン紙のグレン・グリーンワルド記者によれば、そのデータは暗号化されているが、スノーデンは「自分にもしものことがあった場合」その人たちが全データを閲覧できるように手を打っているという。

 この事件は、NSAの秘密監視プログラムに重大な不安を投げ掛けるものと言わざるを得ない。次第に分かってきた情報によれば、スノーデンは単なる暴走した若者というわけではなさそうだ。長期間かけてきめ細かい準備を行い、入念な計画を立てていた形跡がある。

 モスクワからキューバのハバナに向かおうとしていると世界中を欺いたことなど、スノーデンの取ってきた行動はことごとく、狡猾な工作員の振る舞いのように見える。不満分子のIT技術者のやることとは思えない。

 この点は極めて憂慮すべき材料だ。明らかになっている情報から判断する限り、NSAは今回のような計画的な侵入を阻止できるだけの充実した体制を備えていない。スタッフによるデータの不正入手を防ぐためにセキュリティー対策を強化することは可能だろうが、組織的な犯行を完全にはねのけることは難しいだろう。

 せめてもの救いは、スノーデンが高潔な目的の下で一連の行動を取ったと主張していることだ。米政府が世界規模で徹底した監視体制を築いていることを暴露し、民主主義の在り方に関する議論のきっかけをつくりたかったと、本人は述べている。

穴だらけのセキュリティー

 この主張を疑う理由はない。膨大なオンライン投稿などを読む限り、スノーデンは本気で正義のために行動したようだ。

 スノーデンは、「ホワイトハット」──つまり正義のハッカーだったのだろう。しかし、もし彼が悪意を持った「ブラックハット」だったとしたら? NSAのデータが盗み出されて、政治家などの要人が弱みを握られて脅されたり、アメリカの機密が外国政府やテロ勢力に漏洩されたりしても不思議でない。

 スノーデンは比較的簡単に、NSAの機密情報を扱う現場に入り込むことができたようだ。CIAの末端職員となったのを皮切りに、NSAやその契約企業へと移籍するたびに着実に地位が高くなり、扱うことを許される情報の機密性も高まっていった。

 スノーデンはやすやすと米情報機関の内側に入っていく間、自分の思想信条を隠すこともしなかった。監視国家への嫌悪など、自分の主義主張をオンライン上で公然と訴えていた。

 スノーデンのやったことは、強い意志と忍耐さえあれば、どのような外国勢力でも実行できることだ。イランや中国、国際テロ組織アルカイダなどの勢力がスノーデンのような人物の糸を引く可能性もある。というより、既にそのようなことが行われていないとも限らない。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で

ワールド

焦点:ロシアに今も溢れるナイキやレゴ、背後にグレー

ビジネス

NY外為市場=ドル/円8週間ぶり高値、米PMI受け

ワールド

イスラエル、ガザ全域で攻勢 45人死亡 ラファ攻撃
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影にジンバブエのリチウム鉱山開発ブーム、現地でいま何が?

  • 4

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 8

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 9

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 10

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中