最新記事

米大統領選

「ハゲタカ」ロムニー躍進でウォール街の災難

共和党の大統領選予備選で飛び出したロムニーの未公開株投資業界での経歴に対する「ハゲタカ」批判が、業界の思わぬ逆風に

2012年1月12日(木)15時58分
トマス・ミュシャ

トップ候補 ビジネスの経歴を武器にニューハンプシャー州の予備選も制したロムニーだが Adam Hunger-Reuters

 米共和党の大統領選予備選でトップに躍り出たミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事が、選挙戦で売りにしているポイントは2つある。

 1)私は経済とビジネスの仕組みを熟知している。共同創業したプライベート・エクイティ(未公開株)企業「ベインキャピタル」での経験によるところが大きい。

 2)私はオバマ大統領に勝てる。

 ロムニーがニューハンプシャー州の予備選で勝利した後、他の候補者たちはこぞって、彼の第1の売りを逆手に取ろうと躍起になっている。それが奏効すれば、2つ目のポイントはおのずと弱まることになる。

 興味深いのが、ニューヨークタイムズの最近の記事だ。それによれば、プライベート・エクイティ業界の関係者たちの間に、こうしたロムニー批判が業界全体のイメージダウンにつながるのではないかという懸念が広がっているという。

 プライベート・エクイティ業界の人間は、ロムニーが主張するようなアメリカ経済の「良きリーダー」などではなく、対抗馬のニュート・ギングリッチ元下院議長やテキサス州知事リック・ペリーが糾弾するとおり、企業を食い物にして雇用を破壊する「ハゲタカ」だという結論に世論が傾いてしまったらどうするのか。

 こうした懸念は、金融業界によるロムニー支持にも影響を与えかねない。特に25年前の映画『ウォール街』ですっかり「強欲」なイメージを植えつけられたプライベート・エクイティ業界はどう反応するだろう。

 ニューヨーク・タイムズはこう書いている。


 企業買収でのし上がってきた多くの経営者たち、特に大金を投じて長年共和党を支持してきた人々は、今回のロムニー批判に戸惑いを隠せない。ロムニーの対抗馬たちは、まるで予備選をロムニーのビジネスキャリアに対する国民投票のように扱っている。おかげでプライベート・エクイティ業界は、これまで友人だとばかり思っていた人々からも攻め立てられる羽目に陥っている。


「こういう事態は覚悟していたが、まだ本選になってもいないのにこれほどとは」と、あるプライベート・エクイティ業界幹部は匿名で語っている。「今後、批判はもっと高まるだろう」

 プライベート・エクイティの業界ロビー団体は、ロムニー批判の巻き添えで被るダメージを低減するために、イメージキャンペーンを展開することにしている。

 だがこの問題は、もっと深刻化するかもしれない。

「ウォール街占拠運動」から見て取れるように、拡大する格差への不満は米社会に蔓延している。そしてもちろん、怒りの矛先はウォール街に向けられている。

 確かにロムニーは今でも選挙戦を有利に進めている。昨年10〜12月には2400万ドルもの選挙資金を集めた。彼は資金提供者たちに、富裕層の大幅減税という形で大きな「恩返し」をすると公約している。

 しかしロムニーへの「ハゲタカ」批判が激しくなり、予備選の舞台がより保守的なサウスカロライナ州へと移る中で、ロムニーは難しい立場に追い込まれようとしている。ウォール街のプライベート・エクイティ業界も同様だ。

GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と

ワールド

世界的システム障害、復旧になお数日か 米政権も調査
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 7
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 10
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中