最新記事

アフガニスタン戦略

増派決断の遅れはオバマの命取りに

アフガニスタンへの増派要請に二の足を踏むオバマ。このままではブッシュがイラクで犯した失敗を繰り返すことになりかねない

2009年10月9日(金)17時11分
ホリー・ベイリー(ホワイトハウス担当)

悪化する戦況 アフガニスタン東部ロガール州の基地からパトロールへ向かう米軍兵士 Nikola Solic-Reuters

 アフガニスタン駐留米軍のスタンリー・マクリスタル司令官が増派を求める戦況報告書をホワイトハウスに提出したのが8月。そのとき政府高官たちの頭に浮かんだのは、バラク・オバマ大統領が増派を決断するまでにどれくらいの時間がかかるかだった。

「数週間」とロバート・ギブス報道官は報道陣に語った。決定の「緊急性や切迫さがあるわけではない」とギブスは言う。以来ホワイトハウスは、オバマにはマクリスタルの報告書を吟味し、オプションを考える時間が必要だと繰り返してきた。

 それから1ケ月、オバマは今も考え込んでいる。10月7日には3回目のアフガニスタン戦略協議(全5回)がホワイトハウスの緊急司令室で開催された。ジョー・バイデン副大統領、ロバート・ゲーツ国防長官、ヒラリー・クリントン国務長官らが出席し、クリスタル司令官もビデオ経由で参加した。

 政府は相変わらず、決定にはさらに「数週間」かかるとしている。だが実際に大統領に残されている時間はどれくらいあるのか。

 先週末、ジェームズ・ジョーンズ大統領補佐官(国家安全保障問題担当)はCNNテレビに対し、時間は大統領に味方していると明言した。「アフガニスタンに失敗の危険が差し迫っているわけではない」とジョーンズは語っている。

 ジョーンズの言葉は正しいかもしれない。だが米議会や市民からは、ホワイトハウスに真剣な取り組みを求める圧力が高まっている。この状況は、約3年前にジョージ・W・ブッシュ前大統領が対イラク戦争の見直しを検討していたときと酷似している。

増える犠牲と高まる反戦ムード

 戦争での犠牲者が増えるにつれ、国民の不安は増す。現地の情勢が悪化する中で戦略の見直しが行われている点も、イラク戦争と同じだ。

 今年8月の駐留米軍の犠牲者は、8年前にアフガニスタン戦争が始まって以来最多となった。9月に入っても、テレビのニュースは悪化するアフガニスタン情勢でもちきりだった。全国的なメディアだけがアフガニスタン問題に関心を寄せているわけではない。地方紙は犠牲となった兵士の写真を1面に飾り続けている。

 10月4日にはジョーンズ報道官が討論番組に出演しているさなか、コロラド州フォート・カーソン陸軍基地から派兵された8人の兵士が、アフガニスタン東部で不意打ち攻撃によって命を落とした。コロラド・スプリングス・ガゼット紙によれば、同基地にとってベトナム戦争以来最悪の犠牲だという。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

FRB窓口貸し出し、「悪評」抑えるルール整備を検討

ワールド

中ロは相互支援強化すべき、外相会談で王氏が訴え

ビジネス

FRB当局者、インフレ低下持続か「判断は尚早」 慎

ワールド

インタビュー:ウクライナ、同盟国の支援加速・直接関
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 7

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 10

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 9

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 10

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中