最新記事

アフガニスタン戦略

増派決断の遅れはオバマの命取りに

2009年10月9日(金)17時11分
ホリー・ベイリー(ホワイトハウス担当)

 オバマは大統領選挙戦の間、アフガニスタンを「忘れ去られた戦争」と繰り返し表現した。ブッシュ政権が不当にこの地域を軽視していると意思表示するものだった。さらに、米国民がアフガニスタン情勢の危険性を完全には理解していないとの懸念もあらわにしていた。

 オバマが今こうした議論を持ち出すのは難しいのだろう。国民がアフガニスタン情勢への理解を深めれば、オバマが必要とする戦争への支持を得られなくなる可能性もある。

 ギャロップ社の最近の調査によれば、回答者の61%が戦争はうまくいっていないと考えており、37%は戦争は「失敗」だと考えている。別の調査では、過半数を超える人がアフガニスタン戦争は「戦う価値がない」と答えている。

 オバマ政権がマクリスタル報告への回答を示さない状況では、高まる反戦ムードを抑えることはできないだろう。

ブッシュの失敗を反面教師に

 さらに議会からの圧力もある。共和党のジョン・マケイン上院議員らは、ホワイトハウスに残された時間は少ないと主張。一方の民主党も、ラッセル・ファインゴールド上院議員などがオバマは撤退の行程表を示すべきだと提案している。

 オバマがブッシュのイラク戦争から学ぶものがあるとしたら、戦略決定に時間を掛け過ぎないということだ。ブッシュの増派の決断は最終的には正しかったと見なされたものの、彼の支持率が再び上昇することはなく、残りの就任期間にも暗い影を落とし続けた。

 オバマはそれを念頭に置いたほうがいい。今年の夏にホワイトハウスを訪問した歴史家たちに、オバマはアフガニスタンが自分の大統領生命を吸い取るかもしれないと語っている

 現在のところ、オバマがブッシュのように時間稼ぎをしている兆候はない。だがホワイトハウスは1日が過ぎるたびに、世間の支持を少しずつ失っている。アフガニスタンのような予測不能な戦争では、失ったものを取り戻すのは簡単ではない。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国新規銀行融資、4月は予想を大幅に下回る M2伸

ワールド

仏総選挙、極右勝利なら金融危機も 財務相が警告

ビジネス

三菱UFJ銀と系列2証券に処分勧告、違法に情報共有

ビジネス

ECB、指標が予想通りなら利下げ継続可能=ラトビア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 4

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 8

    ジブリの魔法はロンドンでも健在、舞台版『千と千尋…

  • 9

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    カラスは「数を声に出して数えられる」ことが明らか…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中