最新記事

テクノロジー

CYBER × INTEL クマル・リテシュ

なぜ日本はサイバー攻撃者に「狙われやすい」? 政府や金融機関だけでない、意外な「標的」とは

<中国政府系のグループをはじめ世界的なハッカー集団には、日本の「標的」への侵入を試みる際に試みるパターンがある> 9月27日、アメリカのNS

2023.10.10
サイエンス・ナビゲーター 茜 灯里

OISTが燃料不要な「量子エンジン」の設計・製作に成功 エネルギー新時代の幕開けか

<量子エンジンはどのような原理で動くのか。これまでに話題となった「熱を使わないエンジン」の開発史とともに紹介する> 沖縄科学技術大学院大(O

2023.10.08
ガジェット

話題の起業家が伝授...Galaxyの最新デバイス連携「最強の仕事術」

2023.10.05PR
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

日本がAI規制を主導? 岸田構想への4つの疑問

<日本はこれまで何度も形式的な法規制でイノベーションを潰してきた過去がある> 岸田文雄首相は1日、京都市で行われた国際会議の席上、「信頼でき

2023.10.04
サイエンス・ナビゲーター 茜 灯里

新型コロナ「万能ワクチン」が開発される 将来の変異株まで対策できる可能性

<英ケンブリッジ大と同大から生まれたバイオテクノロジー企業のDIOSynVax社が、あらゆるタイプの新型コロナ変異株に対して免疫を獲得できる

2023.09.29
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

開発するなら今 AIツール戦国時代とその勢力図

<米著名VCアンドリーセン・ホロウィッツのランキングでChatGPTが首位、新興のcharacter.aiが2位に。Google開発のBar

2023.09.26
サイエンス・ナビゲーター 茜 灯里

マイクロプラスチック摂取の悪影響、マウス実験で脳への蓄積と「異常行動」が観察される

<海洋生物では早くから報告されてきたマイクロプラスチックの健康への悪影響だが、哺乳類の健康への影響、とくに神経症状を調査した研究はほとんどな

2023.09.22
CYBER × INTEL クマル・リテシュ

カジノも日本が誇る時計メーカーも! あらゆる組織がランサムウェアの標的に...「5つの侵入口」とは?

<あらゆる企業や組織がランサムウェアによるサイバー攻撃の標的になり得る時代。防御のためには知っておくべき「脆弱性」がある> 最近になってまた

2023.09.21
起業

衛星データとAIで開発途上国に農業改革を──「子どもが夢を語れない現実」にテクノロジーで立ち向かう若き起業家

2023.09.21
AI

脳の信号を自然な会話に...失われた言葉がAI技術でよみがえる日

2023.09.20
自動車

常識破りのイーロン・マスク、テスラ「ギガキャスト」に「砂」活用し他社引き離す

2023.09.19
人工知能

男性からの性的虐待や、裏切りに苦しんできた女性...「AI」で作った理想の恋人に「人生を救われた」

2023.09.16
サイエンス・ナビゲーター 茜 灯里

卵子も精子も使わずに「発生後2週間のヒト胚モデル」作成、構成要素も完全再現...倫理問題クリアで不妊治療に貢献か

<著名な研究者も「現時点で最も重要な研究」とコメントするこの人工ヒト胚の誕生は、不妊治療を前進させる朗報か、それとも「人造人間」発生の可能性

2023.09.15
気象

韓国の空に開いた巨大な穴は不吉の予兆?

2023.09.13
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

ChatGPTを超えた!? 開発者に人気...Metaの「Code Llama」

<「ChatGPT」や「GitHub Copilot」に続き、Meta(Facebook)が新たに開発したプログラミング支援AIの「Code

2023.09.13
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

死してあらわになった、ロシアにおける「プリゴジン人気」の虚像と実態

<プーチンに反旗を翻し「英雄」となったワグネル創設者プリゴジンが、実は生きている? そんな説を信じるロシア人が16%という根深い理由> 民間

2023.09.12
EV

EVの未来を変える夢の「全固体電池」...トヨタが放った「重要なメッセージ」とは?

2023.09.08
サイエンス・ナビゲーター 茜 灯里

韓国ソウル大が「自己消滅できるロボット」を開発 将来的に偵察・監視で活躍か

<自ら溶けて液体だけが残るロボットはどのようなメカニズムで実現したのか。ソウル大チームが主張する研究の意義と将来的な活用の可能性について、他

2023.09.07
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

OpenAIとMicrosoftの蜜月は終わった?

<AI業界の勢力図が急速に変動か──OpenAIが企業向けプランを発表し、従来のパートナーであったMicrosoftとの関係に変化の兆しが>

2023.09.07
サイエンス・ナビゲーター 茜 灯里

ITに続き宇宙開発でも存在感増すインド、「科学技術指標」で見るその台頭と日本の現状

<月面着陸に成功した4番目の国となったインド。世界有数の宇宙開発国としての地位を築きつつあるインドの科学技術力について、このほど発表された「

2023.09.02
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の差別扇動

  • 3

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で犯した5つの失策

  • 4

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 5

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウ…

  • 6

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 7

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 10

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story