最新記事

危ないIoT

IoT機器メーカーは消費者のセキュリティーを軽視している

GUESS WHO'S LISTENING?

2019年11月6日(水)11時05分
アダム・ピョーレ

ILLUSTRATION BY BRITT SPENCER, PHOTOGRAPH BY YAGI STUDIO/GETTY IMAGES

<おもちゃもドローンも、バイブレーターも――。スマート家電・スマート機器は世界に約266億台存在するが、企業はユーザーを守るためにはほとんど何もしていない。本誌「危ないIoT」特集より>

2009年、Wi-Fi機能を搭載したサーモスタットや玄関カメラなど、「モノのインターネット(IoT)」関連の機器が普及し始めた頃、コンピューター科学者のアン・ツォイは、実世界で用いられている機器の中に「あっさり侵入できる」ものがどれくらいあるか調べてみた。
20191112issue_cover150.jpg
具体的には、ユーザー名とパスワードが工場出荷時のまま変更されていない機器をウェブ上で探した。出荷時のユーザー名とパスワードはマニュアルに記されているものがほとんどなので、プログラムを作ってウェブ上で検索すれば、侵入可能な機器を簡単に洗い出せる。

そのような製品は、144カ国で50万台以上見つかった。ツォイはこの結果を基に、インターネットにつながっている機器全体の約13%は、いわば玄関に鍵が掛かっていない家のような状態にあるという推計を導き出した。

それから10年。ハッキングを受けやすい機器の数は劇的に増えた。その背景には、家電などさまざまな製品に小型のコンピューターが組み込まれるようになり、周囲の世界とワイヤレスでコミュニケーションできるようになったという事情がある。そうした機器は「スマート家電」「スマート機器」などと呼ばれる。

音声認識機器やスマートフォンに口頭で指示するだけで暖房をつけたり照明を消したりすることも、ベーグルが焼けたらトースターからのメッセージをテレビ画面に表示することも、IoTで可能になる。

おもちゃもドローンも危ない

IoTは私たちの生活を便利にする画期的なテクノロジーだが、好ましい側面ばかりではない。

家電やセンサーなど、身の回りのさまざまな機器がつながるIoTは、もっぱらコンピューター同士が結び付くだけだった旧来のインターネットとは根本的な違いがある。バーチャルな世界に限定されている旧来のインターネットと異なり、リアルな世界と直接結び付いているのだ。

では、スマート家電や監視カメラに搭載されたコンピューターが乗っ取られたら、一体どうなるのか。IoTのセキュリティーは果たして信頼できるのか。

2つ目の問いに対して、サイバーセキュリティー専門家の見解はほぼ一致している。「ひとことで言えば、現時点での答えはノーだ」と、米半導体設計会社ラムバスのシニアディレクター(プロダクトマネジメント担当)を務めるベン・レバインは述べている。

旧来のインターネットは、主に情報テクノロジーやコンピューター科学の専門知識を持った技術者たちが築いてきた。それに対し、IoT製品を作っているメーカーの多くは、ハッキングを跳ね返すシステムを築くために不可欠な専門性を持っていない。そもそも、そうしたシステムの必要性を認識していないケースも多い。結果、至る所に落とし穴が存在しているように見える。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

日産、小型車「ノート」を8年ぶり全面改良 人気車で

ビジネス

金融政策のフレームワーク、将来見直しの議論も=黒田

ビジネス

GoToトラベル、札幌・大阪を除外へ 発動から3週

ビジネス

NZ政府、住宅市場安定化巡り中銀に助言求める NZ

MAGAZINE

特集:バイデンのアメリカ

2020-11・24号(11/17発売)

就任100日でバイデン民主党新政権の内政・外交・経済そしてコロナ対策はこう動く

人気ランキング

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    南北融和の機運は減退? 韓国人の対北感情が冷ややかに変化

  • 3

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

  • 4

    GoToは全廃が筋

  • 5

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 6

    欧州コロナ感染1500万人超に、フランス・ロシアが深…

  • 7

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 8

    トランプの娘イヴァンカも始めた、右派「検閲なし」S…

  • 9

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    バイデンは「親中」ではないが「親日」でもない──日…

  • 6

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 7

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 8

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 9

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月