最新記事

世界を変えるブロックチェーン起業

Newsweekブロックチェーン大賞:医薬品サプライチェーンを変えるクロニクルド

BLOCKCHAIN IMPACT AWARDS 2019

2019年4月16日(火)17時35分
アシュリー・ランクイスト(世界経済フォーラムのブロックチェーン技術部門責任者)

BET_NOIRE/ISTOCKPHOTO

<世界の医薬品業界にとって重大な問題を解決できるかもしれない――。本誌「ブロックチェーン大賞2019」受賞>

20190423cover-200.jpg

※4月23日号(4月16日発売)は「世界を変えるブロックチェーン起業」特集。難民用デジタルID、分散型送電網、物流管理、医療情報シェア......「分散型台帳」というテクノロジーを使い、世界を救おうとする各国の社会起業家たち。本誌が世界の専門家と選んだ「ブロックチェーン大賞」(Blockchain Impact Awards 2019)受賞の新興企業7社も誌面で紹介する。

◇ ◇ ◇

アメリカで深刻化している麻薬性鎮痛薬オピオイドの依存症と、物流におけるサプライチェーン管理。両者は一見無関係に見えるが、世界の医薬品業界にとっては重大な問題だ。サンフランシスコの新興企業クロニクルドのブロックチェーンを利用した新サービスは、自社製品の正確な流通履歴を知る必要がある医薬品メーカーにとって朗報になるかもしれない。

2013年、オピオイド問題に危機感を強めた米議会は製薬会社に対し、個々の医薬品が使用者に届くまでの流通経路を追跡する方法を2023年までに考案するよう要求。同様のルールはアジア、南米、EUも導入している。だが、現在医薬品のサプライチェーンを管理している複数の追跡システムを継ぎはぎするだけでは、問題に対処できない。

幸い、サプライチェーン管理はブロックチェーン技術と相性がいい。ブロックチェーンで薬の取引履歴を追跡すれば、医薬品の製造と流通に関わる誰もが、工場出荷からコンテナ船、トラック経由で薬局の棚に並ぶまでの全記録を共有できる。

クロニクルドは製薬大手ジェネンテク、ファイザー、ギリアド・サイエンシズと共同でメディレジャーと呼ばれるシステムの開発に取り組んでいる。このシステムでは、サプライチェーン上の各取引がブロックチェーンを介して認証され、個々の製品の履歴が検証可能となる。

従来の人間による検証は時間と人手がかかり、記帳ミスが起きる余地があった。新システムは医薬品のコスト削減と同時に、偽造品の流通防止にもなる。

メディレジャーは今年中に商用サービス開始の予定。同社は医薬品だけでなく、鉱物資源やアパレル業界のサプライチェーン改善も視野に入れている。

社名:クロニクルド
分野:サプライチェーン
本社:米カリフォルニア州
設立:2014年

<2019年4月23日号掲載>

【関連記事】損害は年5000億ドル ブロックチェーンとIoTでサプライチェーンを変えるインド企業

ニュース速報

ビジネス

英BP、2020年の設備投資を25%削減 米シェー

ビジネス

JAL、国際線夏ダイヤで8割超減 コロナで403便

ビジネス

中国、EV生産規制の緩和や排ガス規制延期を検討=関

ワールド

全世帯に布マスク配布、全入国者に2週間待機要請も=

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 3

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問題行動が責められないのはなぜか

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 9

    緊急公開:人類と感染症、闘いと共存の歴史(全文)

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 4

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 5

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 10

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    ついに日本は終わった

  • 10

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月