最新記事

世界を変えるブロックチェーン起業

Newsweekブロックチェーン大賞:医薬品サプライチェーンを変えるクロニクルド

BLOCKCHAIN IMPACT AWARDS 2019

2019年4月16日(火)17時35分
アシュリー・ランクイスト(世界経済フォーラムのブロックチェーン技術部門責任者)

BET_NOIRE/ISTOCKPHOTO

<世界の医薬品業界にとって重大な問題を解決できるかもしれない――。本誌「ブロックチェーン大賞2019」受賞>

20190423cover-200.jpg

※4月23日号(4月16日発売)は「世界を変えるブロックチェーン起業」特集。難民用デジタルID、分散型送電網、物流管理、医療情報シェア......「分散型台帳」というテクノロジーを使い、世界を救おうとする各国の社会起業家たち。本誌が世界の専門家と選んだ「ブロックチェーン大賞」(Blockchain Impact Awards 2019)受賞の新興企業7社も誌面で紹介する。

◇ ◇ ◇

アメリカで深刻化している麻薬性鎮痛薬オピオイドの依存症と、物流におけるサプライチェーン管理。両者は一見無関係に見えるが、世界の医薬品業界にとっては重大な問題だ。サンフランシスコの新興企業クロニクルドのブロックチェーンを利用した新サービスは、自社製品の正確な流通履歴を知る必要がある医薬品メーカーにとって朗報になるかもしれない。

2013年、オピオイド問題に危機感を強めた米議会は製薬会社に対し、個々の医薬品が使用者に届くまでの流通経路を追跡する方法を2023年までに考案するよう要求。同様のルールはアジア、南米、EUも導入している。だが、現在医薬品のサプライチェーンを管理している複数の追跡システムを継ぎはぎするだけでは、問題に対処できない。

幸い、サプライチェーン管理はブロックチェーン技術と相性がいい。ブロックチェーンで薬の取引履歴を追跡すれば、医薬品の製造と流通に関わる誰もが、工場出荷からコンテナ船、トラック経由で薬局の棚に並ぶまでの全記録を共有できる。

クロニクルドは製薬大手ジェネンテク、ファイザー、ギリアド・サイエンシズと共同でメディレジャーと呼ばれるシステムの開発に取り組んでいる。このシステムでは、サプライチェーン上の各取引がブロックチェーンを介して認証され、個々の製品の履歴が検証可能となる。

従来の人間による検証は時間と人手がかかり、記帳ミスが起きる余地があった。新システムは医薬品のコスト削減と同時に、偽造品の流通防止にもなる。

メディレジャーは今年中に商用サービス開始の予定。同社は医薬品だけでなく、鉱物資源やアパレル業界のサプライチェーン改善も視野に入れている。

社名:クロニクルド
分野:サプライチェーン
本社:米カリフォルニア州
設立:2014年

<2019年4月23日号掲載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文化破壊

  • 2

    墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品」147機6兆2000億円を爆買いの愚

  • 3

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が進まない日本

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    「日本越え」韓国経済の落とし穴

  • 6

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 7

    韓国コンビニも営業時間短縮、しかし日本とはかなり…

  • 8

    韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    パートタイム労働を差別する日本の特異性

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 3

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    これが米大企業のほとんどを所有し牛耳るビッグ・ス…

  • 6

    日本の通勤地獄が労働生産性を下げている? 経済損…

  • 7

    台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 10

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 2

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 3

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    韓国コンビニも営業時間短縮、しかし日本とはかなり…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月