最新記事

はやぶさ2

興奮! しつこく、粘り強く「はやぶさ2」とチームは一体となった

2019年2月26日(火)20時00分
秋山文野

2019年2月22日 9時00ごろにJAXA宇宙科学研究所 管制室内で撮影された「はやぶさ2」プロジェクト関係者の集合写真。クレジット:ISAS/JAXA

<2月22日、小惑星探査機「はやぶさ2」は、小惑星リュウグウにタッチダウン成功。JAXA宇宙科学研究所プレスセンターでの興奮をお届けする>

2019年2月22日午前7時48分、モニターの中の「はやぶさ2」管制室に拍手と歓声を上げる様子が写った。JAXA 宇宙科学研究所のプレスセンターに集まった記者は意表を突かれてびっくり。それが見られるのは少なくとも30分以上は後だと思っていたからだ。

小惑星探査機「はやぶさ2」は、小惑星リュウグウで最初のタッチダウン(接地)と表面物質のサンプル採取を2月21日に開始した。プログラムの問題から、当初予定よりも小惑星への降下開始が5時間遅れたが、降下速度を早めて目標時刻2月22日午前8時6分のタッチダウンを目指した。

地球と小惑星リュウグウは3億4000キロメートル離れており、電波が届くまでに19分かかる。地球の管制室で、探査機の速度の変化の情報を元にタッチダウンを確認できるのは、午前8時25分だとされていた。「前後30分ほど時間がずれる可能性もある」と事前発表があり、記者は遅くなることはあっても早まるとは思っていなかった。それが早い方に、そして良い方に予想を裏切られたのだ。

DSC04224.JPG

JAXA宇宙科学研究所のプレスセンターでモニター越しに見た管制室。予想を良い方に裏切られ、驚きながらも成功の雰囲気が伝わってきた。撮影:秋山文野

午前9時20分ごろ、はやぶさ2チームの久保田孝教授からタッチダウン結果の速報発表があった。「タッチダウンのシーケンス(一連の行動)がすべて正常に行われたことを確認した。弾丸の発射コマンドも確認された。これをもってタッチダウン成功とする」

DSC04374.JPG

タッチダウン成功を宣言するプロジェクトチーム。左から吉川真ミッションマネージャ、航法誘導制御担当の照井冬人氏、 佐伯孝尚プロジェクトエンジニア、津田雄一プロジェクトマネージャ、久保田孝教授。撮影:秋山文野

はやぶさ2は小惑星の表面に投下された目印"ターゲットマーカ"を追尾しながら、探査機自身が自律的にチェックポイントと呼ばれる節目で動作を確認してタッチダウンの動作を行う。吉川真准教授によると、「秒速10センチで降下し、日本時間7時26分にリュウグウ表面から高度45メートルでのホバリングを確認、ターゲットマーカの追尾を確認。45メートルから高度8.5メートルへの降下し、ホバリング。7時46分に表面への最終降下を行い、7時48分にタッチダウン。その後すぐ秒速55センチメートルの速さで上昇し、アンテナを低利得アンテナから高利得アンテナに切り替えてテレメトリー(探査機からの情報)を確認したのが8時09分。8時42分に最終確認」(時間はすべて地上、日本時間)となっている。

タッチダウンはなぜこのように早く達成できたのか

タッチダウンという最も重要なミッションをなぜこのように早く達成できたのか。はやぶさ2はタッチダウンにあたってリュウグウ表面から高度5キロメートルまで降下すると、以後は自律的に行動する状態に切り替え、地上からのコマンドではなく探査機自身が判断して行動する。

久保田教授によれば、「探査機の速度変化を見ていると、ターゲットマーカのトラッキングが早く済んでいる。姿勢変更もそれほど時間がかからなかった。マージンを見ておいたが、どんぴしゃりですべて進んだ。比較的相対速度も小さく、ターゲットマーカの真上にいることができた」という。高度5キロメートルより下は、全てはやぶさ2自身がどれだけ事前の計画通りに行動できるかにかかっていたのだ。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 6

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月