最新記事

はやぶさ2

興奮! しつこく、粘り強く「はやぶさ2」とチームは一体となった

2019年2月26日(火)20時00分
秋山文野

2019年2月22日 9時00ごろにJAXA宇宙科学研究所 管制室内で撮影された「はやぶさ2」プロジェクト関係者の集合写真。クレジット:ISAS/JAXA

<2月22日、小惑星探査機「はやぶさ2」は、小惑星リュウグウにタッチダウン成功。JAXA宇宙科学研究所プレスセンターでの興奮をお届けする>

2019年2月22日午前7時48分、モニターの中の「はやぶさ2」管制室に拍手と歓声を上げる様子が写った。JAXA 宇宙科学研究所のプレスセンターに集まった記者は意表を突かれてびっくり。それが見られるのは少なくとも30分以上は後だと思っていたからだ。

小惑星探査機「はやぶさ2」は、小惑星リュウグウで最初のタッチダウン(接地)と表面物質のサンプル採取を2月21日に開始した。プログラムの問題から、当初予定よりも小惑星への降下開始が5時間遅れたが、降下速度を早めて目標時刻2月22日午前8時6分のタッチダウンを目指した。

地球と小惑星リュウグウは3億4000キロメートル離れており、電波が届くまでに19分かかる。地球の管制室で、探査機の速度の変化の情報を元にタッチダウンを確認できるのは、午前8時25分だとされていた。「前後30分ほど時間がずれる可能性もある」と事前発表があり、記者は遅くなることはあっても早まるとは思っていなかった。それが早い方に、そして良い方に予想を裏切られたのだ。

DSC04224.JPG

JAXA宇宙科学研究所のプレスセンターでモニター越しに見た管制室。予想を良い方に裏切られ、驚きながらも成功の雰囲気が伝わってきた。撮影:秋山文野

午前9時20分ごろ、はやぶさ2チームの久保田孝教授からタッチダウン結果の速報発表があった。「タッチダウンのシーケンス(一連の行動)がすべて正常に行われたことを確認した。弾丸の発射コマンドも確認された。これをもってタッチダウン成功とする」

DSC04374.JPG

タッチダウン成功を宣言するプロジェクトチーム。左から吉川真ミッションマネージャ、航法誘導制御担当の照井冬人氏、 佐伯孝尚プロジェクトエンジニア、津田雄一プロジェクトマネージャ、久保田孝教授。撮影:秋山文野

はやぶさ2は小惑星の表面に投下された目印"ターゲットマーカ"を追尾しながら、探査機自身が自律的にチェックポイントと呼ばれる節目で動作を確認してタッチダウンの動作を行う。吉川真准教授によると、「秒速10センチで降下し、日本時間7時26分にリュウグウ表面から高度45メートルでのホバリングを確認、ターゲットマーカの追尾を確認。45メートルから高度8.5メートルへの降下し、ホバリング。7時46分に表面への最終降下を行い、7時48分にタッチダウン。その後すぐ秒速55センチメートルの速さで上昇し、アンテナを低利得アンテナから高利得アンテナに切り替えてテレメトリー(探査機からの情報)を確認したのが8時09分。8時42分に最終確認」(時間はすべて地上、日本時間)となっている。

タッチダウンはなぜこのように早く達成できたのか

タッチダウンという最も重要なミッションをなぜこのように早く達成できたのか。はやぶさ2はタッチダウンにあたってリュウグウ表面から高度5キロメートルまで降下すると、以後は自律的に行動する状態に切り替え、地上からのコマンドではなく探査機自身が判断して行動する。

久保田教授によれば、「探査機の速度変化を見ていると、ターゲットマーカのトラッキングが早く済んでいる。姿勢変更もそれほど時間がかからなかった。マージンを見ておいたが、どんぴしゃりですべて進んだ。比較的相対速度も小さく、ターゲットマーカの真上にいることができた」という。高度5キロメートルより下は、全てはやぶさ2自身がどれだけ事前の計画通りに行動できるかにかかっていたのだ。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏小売売上高、5月は前月比+17.8% 都市

ワールド

イベント制限緩和で了承、緊急事態時と「状況異なる」

ビジネス

JAL、7月にシンガポール線など国際線の一部復便 

ワールド

台湾外交部、ダライ・ラマ14世の訪問実現なら歓迎の

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

  • 5

    韓国、Netflix急成長にタダ乗り議論で法改正 政府は…

  • 6

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 7

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3…

  • 10

    「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月