最新記事

ここまで来た AI医療

医療診断の試験で、AIが人間に圧勝した

AS GOOD AS A REAL DOCTOR?

2018年11月13日(火)16時27分
アリストス・ジョージャウ

診断はAIに任せ、人間の医師は治療に専念できる日が来る? TERRY VINE-BLEND IMAGES/GETTY IMAGES

<患者との交流で学習し知識を蓄積するAI。医療費削減や待ち時間短縮も実現できそうだ>



※この記事は、11月20日号(11月13日売り)「ここまで来た AI医療」特集より。長い待ち時間や誤診、莫大なコストといった、病院や診療に付きまとう問題を飛躍的に解消する「切り札」としての人工知能に注目が集まっている。患者を救い、医療費は激減。医療の未来はもうここまで来ている。

英医療系スタートアップのバビロン・ヘルス社が開発した人工知能(AI)のドクターは、人間の医師並みに優れた医療アドバイスを提供できることが確認された。患者がチャットでやりとりする携帯電話アプリか、ウェブサイトで利用できるこのAIシステムについて、英王立内科医師会とスタンフォード大学、エール・ニューヘブン・ヘルス・システムの研究者らの協力で、厳しい試験が行われた。

その1つが、イギリスの研修医が総合医として独立開業するために受ける医療診断の試験だった。研修医たちの過去5年間の平均スコアは72%だが、AIのスコアは81%に達した。

症状と疾患の範囲を広げ、より現実的な状況に即した別の試験では、経験豊富な医師7人と競った。ここではAIのスコアが80%だったのに対し、人間の医師は64?94%という成績だった。一般的な症状のみの試験では、人間の医師は52?99%と大きな幅があったが、AIは98%に達した。

バビロン・ヘルスによれば、このAIは人間との交流で学習し、最新の研究に関する知識を蓄積することができる。そのため、診断の精度は今後さらに向上する可能性がある。

これらの結果は、AIの限りない可能性を示すものだ。医師の負担を軽減し、迅速で正確な診断を行うとともに、時間を節約し、コストを削減することができるかもしれない。

「どんなに豊かな国でも、外来診療は受けにくくなってきている。待ち時間が長くなり、診察を受けるまでがひと苦労だ」と、バビロン・ヘルスの創業者でCEOのアリ・パーサは言う。

AIには限界があることも、パーサは認めている。例えば、人間の医師が提供する身体的・人間的なケアの代わりはできない。

「けれどもインフラレベルでは、AIが持つ医療サービスの費用節約効果は非常に大きい」と、パーサは言う。「しかもAIは健康に対する関心を高め、その管理を促す役割を果たすことで、病気の予防をはじめ医療全般のレベル向上に大きな役割を果たせる」

【参考記事】癌の早期発見で、医療AIが専門医に勝てる理由
【参考記事】医療のブロックチェーン革命で、ここまで出来るようになる

<2018年11月20日号掲載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 6

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 9

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 10

    中国政府を悩ませる2つの「雨」──1つは香港、もう1つ…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月