最新記事
SDGsパートナー

「脱炭素エリア」を全国へ──壮大な目標に第一歩を踏み出した、パナソニックのEV充電プラットフォーム

2023年12月8日(金)17時00分
ニューズウィーク日本版編集部SDGs室 ブランドストーリー
EV充電インフラ

写真はイメージです wellphoto/Shutterstock

<パナソニックは市川市と協定を締結し、EV用充電インフラの整備促進と啓発活動を実施するプロジェクト「everiwa no wa 市川Action」を開始した>

世界を変えるには、ニュースになるような大規模なプロジェクトや製品だけでは不十分。日本企業のたとえ小さなSDGsであっても、それが広く伝われば、共感を生み、新たなアイデアにつながり、社会課題の解決に近づいていく──。この考えのもと、ニューズウィーク日本版はこの春、「SDGsアワード」を立ち上げました。その一環として、日本企業によるSDGsの取り組みを積極的に情報発信していきます。

◇ ◇ ◇

日本政府が2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラル」を目指すなか、重要な取り組みのひとつとして、自動車による排出ガスの削減が挙げられる。そのためEV(電気自動車)普及を目的としたさまざまな取り組みが各地で行われているが、千葉県市川市ではパナソニックが手掛けるこれまでにない新たな取り組みがスタートした。

「誰もが安心してEVでくらせる街」を推進

パナソニックエレクトリックワークス社(以下、パナソニック)と千葉県市川市は10月末、「EV用充電インフラの整備促進及び啓発に向けた協定」を締結した。市川市は、今年を「カーボンニュートラル元年」と位置付け、2030年には二酸化炭素排出量の50%以上を削減し、2050年にはこれを実質ゼロにすると表明している。

一方のパナソニックは2022年の秋、社会課題の解決を目指して企業や自治体、団体、大学、個人と幅広く協力する「everiwa」と名付けた共創型コミュニティを設立。現在、そのビジョンに賛同する20社がすでに参画しており、今春からは最初の取り組みとしてEV充電器のシェアリングサービス「everiwa Charger Share」が始まっている。

これは、EV充電器を貸したい人(ホスト)と、借りたい人(ユーザー)をつなぐプラットフォームを提供するサービスで、ユーザーは専用のアプリケーションソフトで近隣の充電器を探して予約。充電後はオンライン決算により支払いを行うシステムだ。なお登録する充電器は、サービスを提供するパナソニックの製品である必要はなく、ホストは所有する充電器のメーカーに関係なくサービスに参加できる。

さらに同社は、everiwaをベースに地域から社会課題の解決を目指すプロジェクト「everiwa no wa Action」を設立。今回の市川市との協定締結によって開始された「everiwa no wa 市川Action」が、その第一弾になった。これは、EV普及による脱炭素化と、その環境整備による「誰もが安心してEVでくらせる街」を推進することを目的としたものだ。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロシア、核兵器使用を準備している兆候なし=米国務省

ビジネス

米1月PCE価格指数、2.4%上昇に鈍化 約3年ぶ

ビジネス

米新規失業保険申請1.3万件増の21.5万件、予想

ビジネス

米金融政策なお「制約的」、ディスインフレ一段と進行
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 2

    ゾンビ映画の父ジョージ・A・ロメロは「ホラーで社会風刺」にも成功した

  • 3

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒーロー」ナワリヌイの正体

  • 4

    NATO軍とロシア軍がウクライナで直接衝突する可能性…

  • 5

    「ボストンを変えた」交響楽団に音楽監督として乗り…

  • 6

    経済が下向きな上、政府は理不尽──外国人投資家が歴…

  • 7

    生涯賃金から見える日本の学歴格差、男女格差、地域…

  • 8

    仏大統領のウクライナ派兵巡る発言、NATO諸国に…

  • 9

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 10

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 6

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 7

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 4

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中