最新記事

ライフスタイル

ヘルス

今改めて問う、日本独自の概念である「生きがい」って何?

2020.12.28
ライフスタイル

「洗濯コースは全自動」ではいけない!? あなたの洗濯は間違っている

2020.12.27
ルポ特別養子縁組

母となったTBS久保田智子の葛藤の訳と「養子」の真実

2020.12.25
ルポ特別養子縁組

TBS久保田智子が選択した「特別養子縁組」という幸せのカタチ

2020.12.25
ヘルス

健康長寿の新たな敵「フレイル」「オーラル・フレイル」とは

2020.12.24
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

性的暴行で告発されても反省しない父と絶縁したい

<孫くらいの年齢の女性に耐え難いほどの苦痛を与えておきながら、何も悪くないと思っている父。家族であることが恥ずかしいです──。小説家のミシェ

2020.12.24
Tokyo Eye 外国人リレーコラム

意外な共通点「非モテ」で結び付く日韓男子のこれから

<若者の結婚や恋愛事情に共通点の多い両国。日本特有の現象とされていた「草食男子」の比率は今や韓国の方が多く、「非モテ」のコミュニティまである

2020.12.23
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「セクシーだと思うか」肥満で自尊心の低い交際相手にこう聞かれたら?

<彼のことを人として魅力的だと思っています。過去の交際相手から体形について否定的なことを言われ、自分に自信を持てない彼の質問にどう答えたらい

2020.12.18
高齢化

健康寿命の延伸とは──マイナス面への配慮も必要

2020.12.14
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「13年付き合っている彼の外見だけが愛せません」

<思いやりがあり、とても思慮深く、ユーモアがあって、セックスも良い──とにかく素晴らしいのに...> Q:34歳の女性です。彼氏とは、もう1

2020.12.13
クリスマス

コロナ禍でクリスマスも変化 ツリーめぐる3つの最新トレンド

2020.12.10
女性問題

コロナ禍の新しい生活様式は家事の男女平等を進める?

2020.12.09
モビリティのこれから 楠田悦子

このままだと毎年100万人レベルの交通弱者を生む日本は「移動貧困社会」

<高齢者の引き起こす自動車事故が大々的に取り上げられ、運転免許の返納者数は増加傾向にあるが、長年クルマに頼ってきた当事者のその後の移動手段や

2020.12.08
ビューティー

Kビューティー、2020年のキーワードは「MOVING」 ビッグデータから見たコロナ時代のコスメトレンド

2020.12.04
ヘルス

新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

2020.12.03
欧州

欧州で議論呼んだスイスのスキーシーズン開幕 予約はやはり少なめ

2020.12.02
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

私の子供を「甘やかされたビッチ」と呼ぶ恋人、彼女を嫌う娘たち どうしたらいい?

<私には19歳と17歳の娘、16歳の息子がいます。恋愛関係になった彼女は子供たちと相容れず、そんな彼女と別れないことに娘たちは激怒しています

2020.11.18
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「現実をどう伝えたらいい?」警官に憧れ過ぎの息子が心配です

<5歳の息子は警官のことを、優しい正義の味方だと思っています。でも、それは私たちが裕福な白人だから。多くの人にとって警察がどんな存在なのか、

2020.11.14
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「韓国にいたら、まぶたと鼻を直してあげた」娘に整形を勧める姑に怒りが止まりません

<韓国系の夫との間に12歳と15歳の娘がいます。ある日、義母が上の娘の容姿を褒め、下の娘には整形を勧めました。コンプレックスを持たないかと心

2020.11.13
ライフスタイル

世界が見習う日本の「森林浴」 新型コロナが人気を後押し

2020.11.12

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中